1.珍しいTD-111モデル。TD-124の最初期モデル。
   TD-111は日本仕様がなく全て米国仕様(米国輸入)です。
   試聴室のTD-111と同じ仕様。
 2.ターンテーブルは非磁性体のアルミですがTD-124
   のような二重構造ではありません。
   駆動部の構造はTD-124と同じです。
 3.TD−124にあるストロボ、水準器はありません。
 4.33回転専用です。AC117V,60Hz専用米国仕様.。
   AC100Vで問題なく使用できます。速度微調整は
   TD-124と同じダイアル式です。ベルトは新品。
   50Hzプーリー(純正)への交換は+10,000円となります。
   アイドラーは新品ではありませんので耳を近ずけるとかすかに
   音がします。新品は+30,000円(スイス製、市販品)。
 5.定速になるまで冬場で7〜10秒。オーバーホール済み。
 6.アームはOrtofon SMG-212(最初期米国仕様)レストア済み。
   アーム単体で市販120,000円します。SPU対応。
   ortofon SPUシェル、シュアM75B(初期カモメマーク)付属
   市販のシェルは全て使えます。
 7.TD−124よりも音の響きが上です。
   特にピアノ再生は聞けばわかるほど差があります。
 8.アクリルカバーは工房オリジナルで新品。
 9.TD−111は基盤制御がないため30年は保守可能。
10.木製ケースは米国製の無傷美品で再塗装済み。
11.寸法 W:460×B:355×H:150mm

TD-124との違い
 1.TD-111とTD-121は駆動部がTD-124と同じ。
   33回転専用、ターンテーブルの構造変更。
 2.音質はTD-124とほぼ同じですが、音場の空気感が
   かなり違います。TD-124は空気感が小さい。
   TD-111、121は生に近い。(一聴してわかる程度))
   これはターンテーブルの構造によるもの。
   

市販のカートリッジは全て使えます。
ネジは市販のmmネジです。

player 写真2103

市販のシェルは全て使えます。

シュアM75B(初期型カモメマーク)
シェルはortofon SPU