オーディオ・アナログ
ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ・音工房

      トーレンスレコードプレーヤー        SME

ボーカルのセッティングはジャズより難しい。
ボーカルのバックで演奏するバンドの問題。50%がフルバンドまたはオーケストラ、50%は小編成の
ジャズバンドです。この両方をうまく再生するスピーカーはなかなかありません。
ボーカルの80%は女性。男性は20%。
基本はジャズのセッティングと同じ。

1.ボーカル再生の条件
  1)ボーカルはバックの演奏に埋没せず前面に飛び出して来ること。同じ平面は不可。
  2)バックの
オーケストラ又はフルバンドの演奏はボーカルを邪魔せず、刺激的でなく滑らかなこと。
  3)バックの
バンドの演奏は小音量でも各楽器が埋没しないこと。
    特にピアノ、ベースは明確に聞こえること。

  上記を満足するスピーカーはクラシックも再生できる必要があります。即ち、ジャズもクラシックも
  再生できることが要求されます。多くの装置はボーカルと演奏が同じ面で
奥行き感=0になっています。
  目の前で歌っている’
息づかいの再現温かみ、柔らか’が重要です。

2.スピーカーの選定要素
  1)欧州系のスピーカーはきれいな音ですが、ボーカルが前に出てこない。ジャズの迫力はない。
  2)アルテックはボーカルに最適ですが、バックの演奏の再生が刺激的で雑。
  3)JBLは無難に全体をこなしますが、泥臭さがいまいち。ボーカルが前に出てこない。
  4)JENSENはJBLに近い音ですが、JBLとアルテックの中間程度。

  ボーカルの周波数は
女性で5K〜8KHz、男性で800〜5KHzが最も重要。この帯域の再生を重視。
  それぞれ一長一短があり選定は
個人の好みで選ぶしかありません

3.アンプの選定
  おしなべてトランジスターアンプは不適。ボーカルに必要な’
温かみ、柔らかさ’が出ない
  音の倍音再生’に優れている管球式の方が良い。
  管球式は出力管で音の性格が変わります。声の帯域と温かみ、柔らかさを考えるとKT88、6L6GC
  が適していると思われる。KT88の互換6550や6L6シリーズのメタル管、6L6、5881
  などは不適。フォノイコは当然外付けにします。  ’
フォノイコの選定’を参照。

4.カートリッジの選定
  ボーカル専用に装置を組むことはないので前項を参考にカートリッジを選択。
  
50年代のMONO盤、ステレオ盤が対象で
    ’カートリッジの選定’を参照。
  レコードのレーベルや録音年代によって音質に差が出るので
カートリッジの交換で対応。
  近年の
特性の良いカートリッジ(MM、MC)はボーカルに合いません。

5.音質の微調整
  大まかな調整が終われば最終的にフォノイコ、ライントランスとケーブル類で調整します。
  これでかなり音質が変わります。 ’
チンドン屋の音とは’’音場感の作り方’を参照。
  ライントランスはボーカルの音域である
3K〜6KHz前後が盛り上がる’Peerless’か
  奥行き感のあるDUKANEのトランスが最も合います。