MCトランス、MCトランス
MCトランス・ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・フォノカートリッジ・音工房

   MCトランス、MCトランス           MCトランス、MCトランス

アンプの性能、音色はトランスによって決まるといわれますが、近年のトランスは特性を重視して
音作りは二の次になっています。昔のトランスは音が良いのは測定器に頼らず、設計者の耳と感性で
音作りをしたためです。
一般的に特性が良いと音が冷たく細くなり、潤いが無くなります
日本製のアンプは潤いが無く、同じような無機質な音になるのはそのためです。

1.オルトフォン(欧州)トランス
・旧トランス:中域に特徴があり、重心が低く潤い、奥行き感のある音。
・新トランス:全般に伸びがあり、楽器の音を再現させる音。潤いは落ちる。
ジャズは旧トランス、クラシックは新トランス。ピアノの再生は逸品。
現行トランスは日本製(made in japan)で音質は国産トランスと同じ。

2.ALTEC/ピアレス(米国)トランス
音が前面にせり出し、生のライブ感が著しい。マイクトランスは響きの良い柔らかい音。
ジャズ、ボーカルにはよく合うがクラシックには合わない。
有名な4629はウエスタン618Bよりもジャズ、ボーカルでは生々しい音。

3.ウエスタン(米国)トランス
共通して柔らかい奥行き感のある音。このトランスで音色は全く変わってしまう。
このリピートトランスをうまく使えば、システムの数段のレベルアップが望める。
ジャズにもクラシックにも良く合う。有名なWE-618Bはレプリカや偽物が多い。
特に1920年代の77A,4001(入手困難)ライントランスはすばらしい。
現在でも入手可能なWE-111C,101A、93Aなどはライントランスの定番。

4.UTC(米国)トランス
UTCトランスは全てのトランスで同じ傾向があり、伸びが良い、締まった音。
プリアンプにUTC出力トランスを付けると驚くほど音がよくなる。
有名な2080はUTCの中でも最も音質が良く音場感が素晴らしい。

5.DUKANE・LANGEVIN(米国)トランス
いずれもウエスタンの子会社でウエスタンのアンプ、トランスなどを制作。音質も
ウエスタンを継承しています。コッターMk2(米国)も同質のトランスです。
3A25,3A80はWE-618Bと音質が同じで使いやすい。

6.JS(欧州)トランス
オルトフォンの低インピーダンス専用のトランス。音質はニュートラルで癖がなく
素晴らしい伸びで音場感があります。弦楽器ではこのトランスの右に出るものは
ありません。クラシックの音源にマッチ。

7.JENSEN(米国)トランス
JSトランスに似た音質で伸びが良く、音場感が優れた音。ピアレスとは対照的な音。
昇圧トランスは数が少なくライントランスが多い。DUKANEトランスと組み合わ
せると抜群の音場感が得られます。

8.TRIAD(米国)の音
有名なHS-1,HS-15はLANGEVINやコッターMk2と同質の音。
このトランスは出物が少なく入手困難。
他に、A9シリーズ、A6シリーズもあります。これらのトランスは国産に似た音で
音場感は全くない。

9.パートリッジ(欧州)の音
英国のトランスで数種類の型番があるが、TH-7908,TH-7834,などは
DUKANE 3A25と同質の音。その他の低価格モデルはかなり劣る。

10.その他のトランス
有名なNEUMANNのBV-33は独製の割には音質がよくオルトフォンのSPU-T1
と全く同じ音質。高価格と音質が見合わない。
ほとんどがコピートランス。ノイマンの
カッティングマシンに使われていたトランスで大量に出るはずがない


ノーザン-ウエスタン
(カナダ)
はWEの支社でこのトランスは音が良いことで有名
ですが、実際に聴くと期待外れ、AMPEXも同様。国産トランスと同じ。
シーメンス、テレフンケン(独)など真空管で有名なトランスもいまいち。

   

ウエスタン系の1920年台の送信用や1930〜40年代のアンプ用インプットトランスをライン
トランスとして使うと音の表情が変わってしまいます。100年前の特性が悪いものにもかかわらず
音質が激変するのは’
音作りは特性ではない’ことを証明しています。

最近のカートリッジ、アンプ、スピーカーは
周波数特性重視で、音質は細く潤いがありません。
これにウエスタン系のトランスを併用すると周波数を押さえ(〜20,000Hz)
音場感と潤いが
ある音質
に変化します。

ウエスタンには米国ウエスタン、英国ウエスタン、ノーザンウエスタン(カナダ)と関連企業IPC、
Langevin、DUKANE(いずれも米国)があり、ウエスタンのアンプ、トランス、関連
を製作。音作りは共通しています。本業は電話、送信機など電信機器の企業。米国AT&Tの傘下。

  MCトランス、MCトランス

国産トランスの特徴は周波数やダイナミックレンジなどの音質特性が良いことがあげられます。
これは設計者自身がアナログの経験がなく、
測定装置での設計が中心のためでその結果、音質は
押しなべて音が細く奥行き感のない冷たい音色になっています。国産のアンプに魅力がないのは
このためで入出力トランスが音質面で貧弱のためです。
国産トランスはノイズを防ぐためシールドが強く、その分音質が劣化しています。
古い欧米のトランスは音質重視のためシールドが弱くアンプのボリュームを上げ過ぎるとノイズが
出ます。ウエスタンはその例です。

昔の欧米のアンプやトランスが魅力的なのは
設計者の耳で設計されているためそれぞれに特徴が
あるからです。
トランスを変えるだけで音が変わるのはシステムの中で最も重要な要素となっているためです。
 
カンノトランス(菅野製作所)
は他の国産メーカーと異なりウエスタントランスの音質を徹底的に
分析しコアの材質を分子配列レベルまで調査して、その仕様で制作したとされ、高域を無理に伸ば
さず最も重要な中域を重視したウエスタンの設計となっています。
このトランスを使ったカンノアンプは卓越した音質で他を寄せ付けず、
アンプの命はトランス
であることを証明しています
。昇圧及びライントランスも同じ。他の国産トランスは特性を重視
して高低域を伸ばし中域が痩せているため音が無機質で感動がわかない。。