オーディオ・アナログ
MCトランス・リピートトランス・オルトフォン・ウエスタン

            SME

アンプの性能、音色はトランスによって決まるといわれますが、近年のトランスは特性を重視して音作りは二の次になっています。昔のトランスが音が良いのは測定器に頼らず、設計者の耳と感性で音作りをしたためです。一般的に特性が良いと音が冷たく細くなります。日本製の装置に潤いが無く、同じような無機質な音になるのはそのためです。

1.オルトフォントランスの音

・旧トランス:中域に特徴があり、重心が低く潤い、奥行き感のある音。
・新トランス:全般に伸びがあり、楽器の音を再現させる音。潤いは落ちる。
ジャズは旧トランス、クラシックは新トランス。ピアノの再生は逸品。

2.ALTEC/ピアレストランスの音

音が前面にせり出し、生のライブ感が著しい。マイクトランスは響きの良い柔らかい音。
ジャズ、ボーカルにはよく合うがクラシックには合わない。
有名な4629はウエスタン618Bよりも生々しい音。

3.ウエスタントランスの音

共通して柔らかい奥行き感のある音。このトランスで音色は全く変わってしまう。
リピートトランスをうまく使えば、システムの数段のレベルアップが望める。
ジャズにもクラシックにも良く合う。
特に1920年代の77A,4001(入手困難)リピートトランスはすばらしい。

4.UTC(米国)トランスの音

UTCトランスは全てのトランスで同じ傾向があり、伸びが良い、締まった音。
プリアンプにUTC出力トランスを付けると驚くほど音がよくなる。

5.DUKANE・Langevin (米国)トランスの音

いずれもウエスタンの子会社でウエスタンのアンプ、トランスなどを制作。音質も
ウエスタンを継承しています。

  

国産トランスの特徴は周波数やダイナミックレンジなどの音質特性が良いことがあげられます。これは設計者自身がアナログの経験がなく、
測定装置での設計が中心のためでその結果、音質は押しなべて音が細く奥行き感のない冷たい音色になっています。国産のアンプに魅力がないのはこのためで入出力トランスが音質面で貧弱のためです。昔の欧米のアンプやトランスが魅力的なのは設計者の耳で設計されているためそれぞれに特徴があるからです。
トランスを変えるだけで音が変わるのはシステムの中で最も重要な要素となっているためです。