ライントランス            ライントランス

数あるトランスの中で音質が優れているビッグ5をあげると以下となります。
いずれも1950年前後のトランスです。

1.WESTERN(米国)トランス
  共通して柔らかい奥行き感のある音。このトランスで音色は全く変わってしまいます。
  高域の伸びは押さえられていますが中低域にふくよかさがあり聴き疲れのしない音です。
  ライントランスをうまく使えば、システムの数段のレベルアップが望めます。
  ジャズにもクラシックにも良く合います。有名なWE-618Bはレプリカや偽物が多い。
  特に1920年代の77A,4001(入手困難)ライントランスはすばらしい。
  現在でも入手可能なWE-111C,101A、93Aなどはライントランスの定番。

2.DUKANE(米国)トランス

  ウエスタン系列のトランスでウエスタントランスと聞きわけが出来ない音質です。
  
中低域に特徴がありふくよかで音場感が抜群。代表格の3A25は618Bと区別が
  つきません。618Bオリジナルの市場価格は100万円前後。レプリカで50万円。
  ライントランスの3A80(A)は抜群の音場感で圧倒されます。50年代ジャズの
  泥臭さは見事に再現します。弦楽器の再生は素晴らしい。
  
3.LANGEVIN(米国)トランス
  ウエスタン系列のトランスで音質も似ていますが、中高域が特にきれいでJSトランスに
  近い音質です。帯域はフラットでワイドレンジ。クラシック、ジャズ両方に合います。
  50年代ジャズの泥臭さはあまり出ません。コッターMk2(米国)も同質のトランス
  です。

4.JS(デンマーク)トランス
  JS(Jorgen Schou)製のオルトフォンの低インピーダンス専用のトランス。音質は
  ニュートラルで癖がなく素晴らしい伸びで音場感があります。
  クラシックの音源にマッチします。ジャズでは迫力不足。
  弦楽器の再生は他に類がなく、音場感は素晴らしい。
  50年代ジャズの泥臭さは出ませんのでライントランスで調整するとBEST。

5.パートリッジ(英国)トランス
  英国のトランスで数種類の型番がありますが、TH-9708,TH-7834,などは
  DUKANE 3A25と同質の音。その他の低価格モデルはかなり劣ります。
  音色は明瞭で迫力があり極めて自然で帯域バランスがとれた音質。
  オルトフォンのカートリッジとは相性が良く、よくマッチします。JSトランスとは
  ニュアンスが違う音質です。

ウエスタンの音質

ウエスタン系の1920年台の電信用や1930〜40年代のアンプ用インプットトランスをライン
トランスとして使うと音の表情が変わってしまいます。100年前の特性が悪いものにもかかわらず
音質が激変するのは’
音作りは特性ではない’ことを証明しています。

最近のカートリッジ、アンプ、スピーカーは
周波数特性重視で、音質は細く潤いがありません。
これにウエスタン系のトランスを併用すると周波数を押さえ(〜20,000Hz)
音場感と潤いが
ある音質
に変化します。

ウエスタンには米国ウエスタン、英国ウエスタン、ノーザンウエスタン(カナダ)と関連企業IPC、
Langevin、DUKANE(いずれも米国)があり、ウエスタンのアンプ、トランス、関連
を製作。音作りは共通しています。本業は電話、送信機など電信機器の企業。米国AT&Tの傘下。






オーディオ・アナログ
ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ・音工房