オーディオ・アナログ
ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ・音工房

               SME

オルトフォンのカートリッジは音質が良いことで有名ですが、国産各社のカートリッジと比較しても音作りの
基本が全く違っているのがわかります。国産のカートリッジは特性を重視した音作りで各社全てに共通。
音が硬く、細く、高域方向に伸びているのが特徴です。
一方、オルトフォンは音が柔らかく響きがありこれを基本に音場を作り出しています。

デンマークのオルトフォンは1951年にA・ピーターセンとA・ポールセンによって設立。
SPUは’Stereo Pick Up’の頭文字から取ったと言われています。
1950年代から製作、販売されていますが国内では販売代理店の名称で時代を表しています。
オーディオニクス代理店(ニクス)→ハーマンインターナショナル代理店(ハーマン)→オルトフォンジャパン直営

1948年:SPUの原型 Type-A、-B、-CのMCモノラル
1955年:オーディオニクス代理店
1957年:Type-Cの発展型 CG25D、CA25D 各MCモノラル
1959年:SPU-G(E)、SPU-A(E)、SPU-GT(E)
1970年:ハーマンインターナショナル代理店
1981年:SPU Gold-GE、AE
1987年:オルトフォンジャパン設立
      
SPU Classic-G(E)、A(E)
1989年:SPU Reference-GE、AE
      
SPU Mono
1992年:SPU Meister-GE、AE
1996年:SPU Meister Sylver-GE、AE
      SPU CG(A)25Di
1998年:SPU Royal-GE、AE
2003年:SPU 85 Anniversary
2005年:SPU Synergy-GE
2008年:SPU 90 Anniversary
2014年:SPU 95 Anniversary
2016年:
SPU #1S(E)
2017年:SPU Wood-A
2018年:SPU Century
2021年:SPU Ethos

  *SPU Classicシリーズ

1.初期型SPUの音質
  オーディオニクス、ハーマンインターナショナル時代のSPUは経年によりかなり使い込まれたものに
  なりますが、完動品であればその音質は他に類を見ないような音場感豊かで中低域の響きは逸品。
  60年経過しているためダンパーの劣化や針先の摩耗も見られ選別が必要になります。
   SPU-G(E)、SPU-A(E)、CG25D、CA25D

2.SPU-Gold以降の新機構の音質
  伝統的なアルミカンチレバーとネオジュームマグネット、新規の磁気回路高純度銅線、シバタ針などの
  新機構採用で従来のSPUとは異なる次元の音質を作り出しています。
  伝統的な中低域はさらに奥深く音場感を持って、高域は旧型より伸びが良く最近のデジタルレコードも
  録音の差がはっきりと聞き取れるほど解像度が上がります。生演奏の再現とはこのことです。
   SPU Gold、SPU Reference、SPU Meister、SPU Royal
   SPU Synergy、SPU Wood、SPU Century、SPU Ethos

3.SPU-Classicの音質
  SPU Classicは初期型SPUを再現する目的で設備なども同じものを使って開発されたもの
  ですが発売当初から評判が悪く音質はイマイチでした。
  SPU Mono、SPU #1S(E)はSPU Classicと同じ製品系列で音質も同等。
  エイジング100時間以上で初期型SPUの音質にかなり近づきます。
   SPU Classic-G(E)、A(E)、SPU Mono、SPU #1S(E)