オーディオ・アナログ

          SME


オルトフォンのトーンアームとカートリッジは音質が良いことで有名ですが、国産各社のカートリッジ、アームと比較しても音作りの基本が全く違っているのがわかります。特性を重視した無機質な音作りは各社全てに共通して言えることで、音が硬く、細く、高域方向に伸びているのが特徴です。一方、
オルトフォンは音が柔らかく、これを基本に音場を作り出しています。古いほど音が柔らかい
オルトフォンの初期型アームにオルトフォンのMC-20,30を付けて一度は聞きたいものです。
これは驚愕です。ピアノの響きと弦楽器の絹のような肌触りは聴いた者にしか分からない悪魔の音です。
これに匹敵するのがトーレンスのアームです。TP-11,16,90など見た目は頼りないですが、音はオルトフォンと区別がつきません。国産アームは全て画一的な硬質の音で音質の優位性はありません。
国産では音質が良いとされるFR-64Sもクラシックには合いますがジャズにはホットさが全く出ません。

1.トーンアーム(初期型)
 1)RF-297、RMG-309(212)、RMA-309(212)、RS-212、
 2)SMG-212、AS-212
前者はダイナミックバランスで後者はスタティックバランスです。これらに音質の差はなく他社の
アームを寄せ付けない音場感を出してくれます。プロ、マニアが使うアームとして評価が高い。
構造は極めてシンプルでデザインは褒められたものではないのに
音が良いのは証明不可能
軸受は左右とも微細ベアリング5個で本体シャフトを受けているごく普通の構造で特異性はない。
アームパイプはアルミ製。本体構造もベアリングで横回転する普通の構造。線材は初期の銅線。
シェルソケットは固定式で圧入(交換は不可)。

現行品のRMG-212iなど (i)シリーズは材質が変わり軸受がメタル構造、アームパイプ
はステンレス製で音質も変化が見られます。初期型より硬めで音場感が違い柔らかさがありません。
アームに関しては初期型以外はお勧めできません

2.MCカートリッジ
初期のカートリッジはSPUシリーズ、MCシリーズに代表され、他の追従を許しません。
MC-10は低価格。MC-20,MC-30は群を抜いて音が柔らかく引き込まれます。

 1)SPUシリーズはオーディオニクス、ハーマン、オルトフォン物がありいずれも代理店名で
  呼ばれていましたが、オルトフォン直営になるとクラシック、ゴールド、リファレンス、
  マイスター、ロイヤルシリーズと変遷。ゴールド以降は設計と材質が変わり現代的な音質に
  変化。初期の重心が低い甘い音から生の音質に変化しています。
  初期のニクス、ハーマン物は経年でダンパーが劣化し本来の音は得られません
  使うのであればゴールド以降をお勧めします。

 2)MCシリーズはMC-10,MC-20,MC-30構成でそれぞれMK2.SUPPER(2)
  S、W、と変遷しています。音質も次第に変わって行きますが、音の柔らかさでは最初期の
  無印にはかないません。
  現行品のQシリーズ、Cadenzaシリーズなどはかなり音の傾向が変わり音の柔らかさは減少、
  現代的な音質になっています。しかし、音質は国産品とは比較になりません。

 3)クラシック専用のMC-2000,3000,5000、7500は比類なき音質で弦楽器の
  音は異次元。オーケストラは前後左右ともホールにいる感じです。出力が小さいのが難点。

音の柔らかさを優先するのは音に奥行き感を出すための必須条件で、これをベースに硬さを調整していくのは比較的楽にできますが、その逆は不可能です。

その他のMCカートリッジには以下があります。
 1)SL-15、20 :SPUの軽針圧版(初期SPUに似た低重心の音質)
 2)HMC-10,20,30(ジャズ用)
 3)Kontrapunkt-a,b,c(ジャズ用)
 4)その他
オルトフォンのMMカートリッジは昔から必要なジャズのホットさが出ない。また、クラッシックでも
MC-20には及ばない。

3.プレーヤーとの組み合わせ
いくら音が良いオルトフォンでもプレーヤーとの組み合わせが悪ければ音は死にます。日本人はブランド志向が強く有名なブランドは音が良いはずとの思い込みや一度は使ってみたいとの欲望、他に対する自慢で購入する傾向があります。G..プレーヤーや国産プレーヤーは不可。音が死んでいます。
お勧めはトーレンス、Linn,米国AR。音が生きています。