オーディオ・アナログ


          SME 



1)ピアノの音
オーディで生演奏を再生する基準となるのはピアノの再生音です。どの装置でもピアノはそれなりの音が出て一聴すればまともな音に聞こえます。しかし、この音の再生音がすべての楽器の再生音に影響を与えます。また、音を調整した時の変化を見極めるにもピアノは最適でピアノのソロ演奏をうまく使うことです。
”コロ〜ン”と残響を伴う澄み切った高域の”コロコロ”音、これは倍音の再生によるもの。奥行き感がある音。吸い込まれるような音。目を見張るような音。感動的な音。

2)弦楽器の音
バイオリン(第1、第2)、ビオラ、チェロ、コントラバスの演奏位置が明確に分離されて聞き取れるか。
特にバイオリンは高域のためコンチェルトの時と管弦楽の時では聞こえ方が違います。前者ではソロの音が明確にきつめの音できこえ、後者では集合としての音が柔らかく聞こえます。尚且つ、ダンゴ状態でなく複数の楽器の集合が聞き取れるかです。ビオラは中音域の集合として柔らかさが特に重要です。普通は弦楽器全体がダンゴ状態になっています。特にコントラバスは重低域のため音と位置を判断するのはほとんど困難で埋没してしまいます。

3)
ティンパニーとシンバルの音
クラシック再生の上で最も重要な楽器の再生です。このティンパニーとシンバルの再生で生演奏の再生かどうかが決定的に判明します。左右中央の一番奥で明確に聞き取れるかが重要です。ほとんどが聞き取れません。

4)管楽器の音
左右中央、中段に位置する管楽器はなかなか聞き取れない楽器ですが、トランペット、トロンボーン、ホルンなどの金管楽器はその楽器が区別できてはっきり聞き取れることが重要です。フルート、クラリネットなどの木管楽器は音量が小さいのでかすかに聞き取れればOK。



1)ピアノの音

オーディで生演奏を再生する基準となるのはピアノの再生音です。どの装置でもピアノはそれなりの音が出て一聴すればまともな音に聞こえます。しかし、この音の再生音がすべての楽器の再生音に影響を与えます。また、音を調整した時の変化を見極めるにもピアノは最適でピアノのソロ演奏をうまく使うことです。
”コロ〜ン”と残響を伴う澄み切った高域の”コロコロ”音、これは倍音の再生によるもの。奥行き感がある音。吸い込まれるような音。目を見張るような音。感動的な音。

2)サックスの音
小編成のジャズでは楽器の区別はどの装置でも出来ますが生々しさを再現するのは困難が伴います。比較判断できるのがサックスです。中でも低域がでるテナーサックスが判断基準には最適です。
生を聴いた時の独特の吹き出すような「ブリブリ」感。空気を伝わってくる生々しさが基準となります。空気の震えが再現できればOKです。アルトサックスでは空気感の再現が難しくなります。

3)ベースの音
ライブ演奏を聴くとベースの音はかすかに聞こえるだけで表には出てきません。オーディオではベース音が表に出過ぎて低域が膨らんでいます。弦の振動(うなり)を伝えるのが主で音量はできるだけ絞るのが鉄則です。ベースの音量が大きいと中低域が膨らみ高域の解像度が悪くなります。
特にソロの場合は音量よりもうなりの方が重要です。

4)ドラムの音
ドラムの音もベースと同じで表に出てくるものではありません。ソロの場合を除いてかすかに明確に聞こえてくるのがコツです。特にブラシの音は重要で乾いたような独特のこすれる音が埋没することなく、明快に再現できなければなりません。ほとんどが平面的な音になっています。ブラシの音が飛び出してくるイメージ。共演の音がドラムにまとわりつかない音。



音の調整には以下を使います。
1.スピーカーケーブル、2.ピンケーブル、3.フォノイコ、4.MCトランス、5.ライントランス、