SME


ジャズのセッティングはクラシックより難しいと言えます。
音場感1.広がり感 2.奥行き感 3.空気感 4.ホール感 5.ライブ感)は基本的にクラシックと同じです。ビッグバンドとボーカルのバックの再生はホール感が必要です。ボーカルのバックにはオーケストラ、ビックバンドが多いため。
小編成のJAZやボーカルは目の前で演奏している「空気感」を再現させなければなりません。

ジャズの再生には以下の点を留意する必要があります。
1.小編成のジャズとカウントベーシーのようなビッグバンドでは再生方法が異なります。
  後者はクラシックと同じ再生です。ボーカルの多くは後者となります。
2.楽器の音が明確に分離する必要があります。
  ほとんどのシステムはバックのピアノ、ドラム(特にブラシ)が埋没して聞こえません。
3.ボーカルはバックの演奏よりも前面に出なければなりません。
  ジャズを聴くほとんどのシステムはビッグバンドではうるさくて疲れます。セッティングの間違い。
4.音作りはピアノの再生を基準にします。ピアノのアタックとコロコロ感。
5.テナーサックスのかすれた低域と”ブリブリ”感。→立体感。

1)SPの選定
1.最近の高価な特性の良いSPはジャズの泥臭さがでません。
  1970年代のSPに最近のアンプを組み合わせるとSPの欠点が表面化します。
  同年代の組み合わせが必要です。
  やはり米国製が中心になります。JBL、ALTEC、JENSENなど。
  最近ではタンノイでジャズを聴く人がかなりいます。セッティングによっては有りかもしれません。
2.ALTECは音が前面に出ますが使いこなしに苦労します。拡声器の音になりがち。
  使いこなしが難しく、ほとんどの方が不満を持っています。
3.ケーブルは3m以内が原則です。長くなると最も必要な「音場感」が無くなり、平面的な音になります。
  
2)プレーヤーの選定
音の品位と立体感を決めます。
1.ベルトドライブがベストです。
  国産のDD方式は響きがなく奥行き感が出ません。
2.国産のアームはクラシックには合いますがジャズの泥臭さは出ません。
3.カートリッジはMMの方がジャズの泥臭さが出ます。
4.MCカートリッジは音の繊細さは出ますがトランスを選びますので注意が必要。
  50年代のモノラルジャズに特性の良い近年のカートリッジは最悪です。
5.ターンテーブルマットはゴム系、金属系は不可です。
’レコードマット差’を参照。

3)アンプの選定
1.パワーアンプで出力管によってはジャズの泥臭さが出ず合いません。
  出力トランスで音が決まります。国産トランスは特性が良いが音は悪い。
2.プリアンプは特性の良いアンプが必要です。トランス出力にすると格段に音がよくなります。
  増幅管など中国製の真空管は極端に音が悪く避ける必要があります。
3.フォノイコはアンプとの相性がありますので使ってみなければ判りません。
  高価なフォノイコは音が痩せてジャズには合わないようです。
’フォノイコの選定’を参照。

4)ライントランスの利用
1.ライン(リピート)トランスを入れると驚くほど音がリアルになります。
’トランスの音色’を参照。
2.モノラル盤ではトランスを入れない方が良い場合があります。

5)モノラル盤とステレオ盤の再生
50年代:帯域:30〜15KHz,ダイナミックレンジ:60db、モノラル、初期ステレオが中心。
70年代以降:帯域:20〜20KHz,ダイナミックレンジ:98db、ステレオが中心。


ステレオ盤が出始めたのは’58年。マイク2本で左右分離するだけの単純な録音で録音機材もそれほど特性が優れたものではなかった。’70年代以降になると高性能な録音、再生装置やデジタル録音の出現でレコードの概念が激変。この歴史を考えると年代の古いレコードと新しいレコードでは再生の仕方が異なるのが当たり前です。古いものは古いもので新しいものは新しいものでが鉄則。しかし、装置全体を2重に持つのは経済的に不可能で、カートリッジ(入力)とライントランス(出力)で調整するのがベスト。
50〜60年代のレコードでジャズ、ボーカルをうまく鳴らすには特性の良い近年のカートリッジは厳禁です。
モノラルでもステレオでも
テナーサックスで音質の確認をします。生を聴いた時の独特の吹き出すような「ブリブリ」感や「つぶれた、かすれた低域」音。空気を伝わってくる生々しさが基準。空気の震えを再現。

6)シュア M3D、M7D、M8D カートリッジ(ステレオ)
50〜60年代のジャズ、ボーカルを再生するにはこれらのカートリッジはJBL、JENSENのスピーカーとはよく合います(他は?)。当時の雰囲気をよく再現し、ボーカルやサックスなどはうっとりと聞き入るようでいつまでも聞いていたい気分になります。最近の装置のような薄い音ではなく音に厚みと温度があります。
中域の押しと滑らかさは最近のカートリッジにはないもの。’ブル-ノ-トを聴く’を参照。

針先は1ミル(mil)でGEバリレラと同じ。モノラル再生もOK。V15シリーズとは対照的な音。

・M3D('59年):帯域がフラットに近く、素直で色付けの少ない音質。
・M7D('59年):中域に膨らみがあり音の厚みが増加。ジャズのホットさが最も出る。
・M8D('59年):M3DとM7Dの中間の音質。入手困難。
GEバリレラと同様、持っていてもよいカートリッジです。





オーディオ・アナログ