オーディオ・アナログ
ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ

    トーレンスレコードプレーヤー       SME

ジャズのセッティングはクラシックより難しいと言えます。
音場感1.広がり感 2.奥行き感 3.空気感 4.ホール感 5.ライブ感)はクラシックと同じです。
ビッグバンドとボーカルのバックの再生は「ホール感」が必要です。ボーカルのバックにはオーケストラが多いため。
小編成のJAZやボーカルは目の前で演奏している「ライブ感」を再現させなければなりません


ジャズの再生には以下の点を留意する必要があります。
 1)小編成のジャズとカウントベーシーのようなビッグバンドでは再生方法が異なります。
   後者はクラシックと同じ再生です。ボーカルの多くは後者となります。

 2)楽器の音が明確に分離する必要があります。’
楽器の定位とは’を参照。
   ほとんどのシステムはバックのピアノ、ドラム(特にブラシ)が埋没して聞こえません。

 3)ボーカルはバックの演奏よりも前面に出なければなりません。
   
ジャズを聴くほとんどのシステムはビッグバンドではうるさくて疲れます。セッティングの間違い


 
4)音作りはピアノとサックスの再生を基準にします。ピアノのアタックとコロコロ感。
   テナーサックスのかすれた低域と”ブリブリ”感


1.スピーカーの選定
  ジャズ再生の理想形(モデル)はウエスタン555の音です。 ’ジャズモノラルの再生’を参照。
  ウエスタンの音は’
いわゆる乾いた音’と言われますが、これがペットやサックスの生々しい驚愕の音を再現して
  います。あまりにも高価で入手できないので下記のスピーカーで調整する以外に方法はありません。

  過去にJBLのパラゴン、ハーツフィールド、エベレストを試聴したことがありますが、期待したとは裏腹に失望
  したことがあります。ブランドや価格で決めると失敗することが分かりました。
  まずは実現したい’’を明確にすることが第一です。例えば’ピアノの響き’’サックスの輝き’
  ’ドラムのブラシ音’など。これとスピーカーの特徴を比較して選定します。

 1)最近の高価な特性の良いスピーカーはジャズの泥臭さがでません。
   1980年代以前のスピーカーに最近のアンプを組み合わせるとスピーカーの欠点が表面化します。
   同年代の組み合わせが必要です。特性で決めると失敗します。
メーカーが違えば音の傾向はかなり異なります
   が、同一メーカーであればモデル間の差はあまりありません


  
 やはり米国製が中心になります。JBL、ALTEC、JENSEN、MCINTOSH、E-VOICEなど。
   欧州系のスピーカーは弦楽器の再生には適していますがジャズ・ボーカルには適していません。
   最近ではタンノイでジャズを聴く人がかなりいます。セッティングによっては有りかもしれません。
   ただし、音が前面に出てこないという悩みはあります。

 2)
JBLは中域の音は澄んできれいですが、’ドンシャリ’の音で高域、低域の処理に苦労します。
   音質は平面的で多くが苦労しています。特に低域は’ボンボン’型の音。
   現在、4301を調整中ですが、’ジャズの泥臭さ’が出にくい。 JBLの鳴らし方’を参照。

 3)
ALTECは音が前面に出ますが使いこなしに苦労します。’コロナ’(高域コーン型)程度の中型をうまく
   調整すると
ウエスタンに近い音が出ます。  ’モノラルの再生’を参照。
   但し、ボーカルではバックのオーケストラの再生は困難。
   使いこなしが難しく、ほとんどの方が不満を持っています。拡声器の音になりがち。

 4)
JENSENはもともとギターアンプ用のスピーカーとして使われていました。
   JBLとALTECの中間に近い音でジャズにもクラシックにも使えます
。但し、入手が困難。

 5)
B&Wとジャズ
   英国製のB&Wは独特の構造と音質で周波数特性も〜45,000Hzとずば抜けて高い。
   最も小型のCM1を試聴室で鳴らしていますがJBLとは違い、奥行き感のある見通しの良い澄んだジャズが
   聞こえます。   ’
B&Wの鳴らし方’を参照。
   50年代のモノラルジャズは当時の雰囲気とは異なり近代的な音質で鳴ります。中高域に特色がありペットや
   サックスは迫力ある響きで迫ります。高域をライントランスで抑えてやるとBEST。
   B&Wはカートリッジに敏感でその選択が重要です。

  
2.プレーヤーの選定
  音の品位と立体感を決めます。

 1)ベルトドライブがベストです。
   国産のDD方式は響きがなく音場感が出ません。感動がわかない音。
 2)国産のアームはどれも画一的で音に響きが無く硬い。。
 3)カートリッジはMMの方がジャズの泥臭さが出ます。
 4)MCカートリッジは音の繊細さは出ますがトランスを選びますので注意が必要。
   50年代のモノラルジャズに特性の良い近年のカートリッジは最悪です。
 5)ターンテーブルマットはゴム系、金属系は不可です。
’レコードマット差’を参照。

3.アンプの選定
 ’
音の倍音再生’に優れている管球アンプが条件となります。 ’管球アンプと選定’を参照。
  
過去に3種類のトランジスターアンプを使いましたが、もてあまし短期で放出。

 1)パワーアンプで出力管によってはジャズの泥臭さが出ず合いません。
   出力トランスで音が決まります。国産トランスは特性は良いが音は悪い。
 2)プリアンプは特性の良いアンプが必要です。トランス出力にすると格段に音がよくなります。
   
増幅管、整流管、出力管など中国製の真空管は極端に音が悪く避ける必要があります
 3)フォノイコはアンプとの相性がありますので使ってみなければ判りません。
   高価なフォノイコは音が痩せてジャズには合わないようです。
’フォノイコの選定’を参照


4.ライントランスの利用
 
1)ライン(リピート)トランスを入れると音がリアルになります。’トランスの音色’を参照
   JBLにはDUAKNE3A80(A)、WE111C、ALTEC42292、JENSENが
   最も合います。試聴室で使用中。
 2)GEバリレラカートリッジ(モノラル盤)はトランスを入れない方が良い場合があります。

5.モノラル盤とステレオ盤の再生
  50年代:帯域:30〜15KHz,ダイナミックレンジ:60db、モノラル、初期ステレオが中心。
  70年代以降:帯域:20〜20KHz,ダイナミックレンジ:98db、ステレオが中心。


  ステレオ盤が出始めたのは’58年。マイク2本で左右分離するだけの単純な録音で録音機材もそれほど特性が
  優れたものではなかった。’70年代以降になると高性能な録音、再生装置やデジタル録音の出現でレコードの
  概念が激変。

  この歴史を考えると年代の古いレコードと新しいレコードでは再生の仕方が異なるのが当たり前です。古いもの
  は古いもので新しいものは新しいものでが鉄則。しかし、装置全体を2重に持つのは経済的に不可能で、
  カートリッジ(入力)とライントランス(出力)で調整するのがベスト。

  50〜60年代のレコードでジャズ、ボーカルをうまく鳴らすには特性の良い
近年のカートリッジは厳禁です。

  モノラルでもステレオでも
テナーサックスで音質の確認をします。生を聴いた時の独特の吹き出すような
  「ブリブリ」感や「つぶれた、かすれた低域」音。空気を伝わってくる生々しさが基準。空気の震えを再現。

6.カートリッジの選定 
  50〜60年代のジャズ、ボーカルではスピーカーとの相性を考える必要があります。
  当時の雰囲気をよく再現し、ボーカルやサックスなどは厚みと温度があり楽器の輝きを際立たせて前面に
  飛び出してくる様な音のカートリッジ。

  70年代以降のジャズ(ステレオ盤)ではデジタルを含む高性能な録音のためクラッシック用の性能が必要。
    ’カートリッジの選定’を参照