オーディオ・アナログ
ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ・音工房

  ライントランス         SME

MCカートリッジのブースターにはMCトランスとヘッドアンプがあります。
一般的にはそれぞれに癖のようなものがあり、カートリッジとの相性が問題になります。

1.MCトランス
・トランスの入出力の巻き線比によりMCの出力を昇圧させるもの。
・カートリッジが拾った音をある程度整理して聞かせてくれる。
・聞きつかれしない音や生演奏の音は得やすい。
・時には音楽再生に必要な情報までカットすることがある。
・国産のトランスは押しなべて音が平面的で奥行き感が出ない。音場感なし。
・システムの音質はアンプの出力トランスで決まりますが、MCトランスと
 ライントランスを組み合わせて音質を飛躍的に改善することが出来ます。

2.ヘッドアンプ
・エレクトロニクスの力を借りてMCの出力を増幅するフラットアンプ。
・得られる情報量は多いがどのアンプも画一的な平面的な音で感動がない。。
・カートリッジで拾った信号を忠実に出してくる。
・これが裏目に出ると刺激的な音、気になる音まで出てくる。
アンプに付属のMC入力はヘッドアンプで品質が悪く音は良くないので
 MM入力で昇圧トランスを使う方がはるかに音場感が出る。
 但し、国産トランスはおしなべて音質が悪く、注意を要する。
・外付けフォノイコを使う場合もフォノイコ付属のMC入力は使わず、
 昇圧トランスを使ってフォノイコのMM入力を使用する方が良い。
 外付けフォノイコはアンプのライン入力へ接続する。
・オルトフォンEQA-777(定価:216,000円)フォノイコにもヘッドアンプが
 内蔵されていますがこれを使うと音質が硬くなり潤いが無くなります。
 
良質の昇圧トランスをMM入力に接続した方が音質の調整が容易ではるかに
 システムに合った良質の音質が得られます。