MCトランス,リピートトランス,トーンアーム,SME,オルトフォン

                  MCトランス,リピートトランス,トーンアーム,SME,オルトフォン

 ・・・ オーディオ装置の相談 ・・・

過去数十人の方から音質の悩みで相談を受けましたが、ほぼ同じ内容で音質を改善するため装置を変えたい
との要望。共通して言えるのは特性の違う往年の銘器と言われる装置をそのまま組み合わせたもの。
共通した悩みは
1)楽器の定位が悪い(音がダンゴ状態)。 2)奥行き感がなく平面的な音。
3)しばらく聞くと疲れる。 4)感動がわかない。 5)音が重い、きつい。6)音にうるおいと
しなやかさがない。・・・・・・など。

経験的に想像すると出てくる音は拡声器や、いわゆる、チンドン屋に似た音です。
改善のために何かを変えて
音が変化すると音質が良くなったと思いがちですが、しばらくすると”?”
になりこの繰り返しが続きます。1か月間聞いて気持ちが変わらなければ本物ですが。

使っている装置は
ALTEC、JBL、タンノイ、マッキントッシュ、マランツ、GARRARD
THORENS、ORTOFON
などいわゆる往年の銘機ですが、うまく鳴らないようです。
ALTECは音が前面に出てきますが音の粒が荒く疲れる。JBLはきれいな音ですが奥行き感が出ない。
タンノイの中高域はしなやかですが低域が膨らんで抑えがきかない

例えば、A5、A7 などは劇場用のスピーカーで15m以上離れて聞くものです。オートグラフ もまた
7〜8m以上離れて聞くもので、低域処理も困難。パラゴン、ハーツフィールドに至っては家具として使う
のであればお勧めします。


小編成のジャズを聴くのであればALTEC系のスピーカーを使えば音が前に出てきて残響がなくライブ感
が出る。しかし、ジャズのビッグバンドやオーケストラをバックにしたボーカルは奥行き感と残響再生が必要
で音が前に出てくると困ります。クラシック用のセッティングも必要です。
クラシックを聴くのであれば欧州系のスピーカーを使えば奥行き感が出て都合がよい。よって、ジャズ用と
クラシック用の2つのスピーカーを持つ方が多くいます。
全ての装置はケーブルを含めて特性が良いほど音
が痩せて感動がわかない音になります。

例えば周波数特定は50〜20,000Hz以外の音は不要です。ケーブルもまた音が激変しますが、70年
以上前のものの方が潤いと感動があり空気感が出ます。これは材質の問題です。最近の7N,8NなどOFC
ケーブルは特性は良いですが細く平面的な冷たい音になります。
アンプはブランドではなく出力トランスで音質が決まります。5万円のアンプと50万円のアンプをめくら
で聞き比べた場合、違いは判りますが判定は不可能です。
装置を入れ変えても金がかかるだけで同じです。まずは・・・・。

1.スピーカケーブルを単線に変える。
  楽器の定位と奥行き感が格段に向上。7N、8Nなど特性の良いケーブルは粗が出て不可。
注1)
  
’ケーブルの選定’
を参照。

2.スピーカケーブルは片側3m以下にする。長いと音場感が無くなる。

3.フォノイコライザーは外付けにする。プリの内蔵フォノイコはおもちゃ程度で音が悪い。
  また、高価なフォノイコは回路が複雑で押しなべて音が細く平面的。選択に要注意。
  
’フォノイコの選定を参照。

4.MCトランス、ライントランスで音質を調整し奥行き感、空気感を出す。音が生々しく変化。注2)
  国産トランスは特性は良いが音質が痩せて平面的で不可。 
’トランスの効果’を参照。

5.ジャズ、ボーカルでは50年代(モノラル主体)と70年代以降(ステレオ主体)では
  録音の方式と特性が全く違い、その再生方法も必然的に異なります。
  50年代:帯域=30〜15KHz,ダイナミックレンジ=60db、モノラル、初期ステレオ。
  70年代以降:帯域=20〜20KHz,ダイナミックレンジ=98db、ステレオが中心。
  
’JBL-LE8Tを聴く’’カートリッジの選定’を参照。

  
メールでの感想
    
注1) SPケーブルで、あんなに音が変わるものなんでしょうか?本当にびっくりしました。
        ビル・エバンスなどのピアノの高音の煩さが、完全に消えました。
        弦の音も綺麗になり、変な付帯音も、無くなりました。これだけ変わるとは。

    
注2) ライントランスは初めてですが、MMカートリッジ〜アンプ間で使いました。
        音がまろやかになり立体感が格段に出ました。奥行き感が抜群。タンノイで
        クラシック、ジャズ両方が聞けます。