MCトランス,リピートトランス,トーンアーム,SME,オルトフォン
ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ

        トーレンス          MCトランス,リピートトランス,トーンアーム,SME,オルトフォン

 ・・・ オーディオ装置の相談 ・・・

過去数十人の方から音質の悩みで相談を受けましたが、ほぼ同じ内容で音質を改善するため装置を変えたい
との要望。共通して言えるのは特性の違う往年の銘器と言われる装置をそのまま組み合わせたもの。
共通した悩みは

  1)楽器の定位が悪い(音がダンゴ状態)。 2)奥行き感がなく平面的な音。
  3)しばらく聞くと疲れる。 4)感動がわかない。 5)音が重い、きつい。
  6)音にうるおいとしなやかさがない。・・・・・・など。


経験的に想像すると出てくる音は拡声器や、いわゆる、チンドン屋に似た音です。
改善のために何かを変えて
音が変化すると音質が良くなったと思いがちですが、しばらくすると”?”
になりこの繰り返しが続きます。1か月間聞いて気持ちが変わらなければ本物ですが・・・・。

使っている装置は
ALTEC、JBL、タンノイ、マッキントッシュ、マランツ、GARRARD
THORENS、ORTOFON
などいわゆる往年の銘機ですが、うまく鳴らないようです。
また、
アキュフェーズ、ウエスギなどの国産アンプで欧州系のスピーカーを鳴らしてもうまく鳴りません。 
ALTECは音が前面に出てきますが音の粒が荒く疲れる。JBLはきれいな音ですが奥行き感が出ない。
タンノイの中高域はしなやかですが低域が膨らんで抑えがきかない

例えば、A5、A7 などは劇場用のスピーカーで音声を遠くに飛ばすのが目的で15m以上離れて聞く
ものです。オートグラフ もまた7~8m以上離れて聞くもので、低域処理も困難。
パラゴン、ハーツフィールドに至っては家具として使うのであればお勧めします。

ブランド品はよい音が出るはず’という思い込み、’長年の夢で使ってみたい’という願望で使うのが
ほとんどですが、装置にはそれぞれ特性とくせがあり、これを理解しないと悲劇になります。
加えて古いアンプなどは素子の劣化が進み音が’なまり’ます。
好みの装置を手に入れて組み合わせても良い音が出るわけがありません

小編成のジャズを聴くのであればALTEC系のスピーカーを使えば音が前に出てきて残響がなくライブ感
が出る。しかし、ジャズのビッグバンドやオーケストラをバックにしたボーカルは奥行き感と残響再生が必要
で音が前に出てくると困ります。クラシック用のセッティングも必要です。
クラシックを聴くのであれば欧州系のスピーカーを使えば奥行き感が出て都合がよい。よって、ジャズ用と
クラシック用の2つのスピーカーを持つ方が多くいます。

全ての装置は特性が良いほど’締まった音’になります。この音は’楽器の定位’’音場感’はある程度
出せますが’
音質の3要素’がありません。これが’感動がわかない音質’となります。
一聴すると確かに高域、低域とも伸びが良くいわゆる’良い音’に聞こえます。しばらく聴いていると?。
音質の3要素とは’潤いがある’’温かみがある’’響きが良い’の3要素
のことを言います。
  ’
特性と感動の違い’を参照。


最近の7N,8NなどOFCケーブルは特性は良いですが音が細く’冷たい音’になります。
周波数特定は50~20,000Hz以外の音は不要です。ケーブルもまた音が激変しますが、80年
以上前のウエスタンの方が’
潤い’と’温かみ’があり’音場感’が出ます。これは材質の問題です

アンプはブランドではなく出力トランスで音質が決まります。5万円のアンプと50万円のアンプをめくら
で聞き比べた場合、違いは判りますが判定は困難です。アンプのトランスを変えるのは実質不可能ですので
ライントランスを使い音質を変えます
うまく調整できれば見違えるような音質になり、スピーカーが消えて無くなり目の前で演奏しているような
錯覚に陥ります。

1.試行錯誤の積み重ね

  過去に数多くの装置を保有または試聴してきました。概略スピーカー:30種、アンプ:40種、
  プレーヤー:25種、カートリッジ:30種に及んでいます。特にアルティックの業務用アンプに至って
  は1500シリーズ中心に17種類全てを保有していました。当然、ガラード、トーレンス、マランツ、
  マッキン、オルトフォンなどのブランド品も保有。
  評論家の記事を読んではショップを探し試聴を繰り返してきましたが、どれも満足できず、何かが
  おかしいことに気が付きました。
ブランド品は’良い音がするはず’と言う思い込みの間違い。機種を
  変えると音の傾向が変わりますのでその時は満足していますがしばらくすると’?’。

   
コンサートやライブに行って気づいたのは目的はこの’生演奏を再現すること’ではないか。
   オーディオでは ’スピーカーが消えてなくなる音’に相当します。
   ’スピーカーが消えてなくなる音’とはクラシック、ジャズを問わず左右スピーカーを含む
   
目前の空間全体から音が出て、楽器の定位がわかる状態でオーディオの究極の状態。

  しかし、どの装置を組み合わせても実現せず。長年の試行錯誤で、今では試聴室でほぼ実現しています。
  要因は装置の組み合わせでなく全く別のところにありました。以降、15年間システム変更なし。
  どれかを変えると音質のバランスが壊れます。

2.音質の改善方法

  どのブランドにしても設計上、音の傾向は異なるもので、これを適当に組み合わせても良い結果が出る
  はずもない。必然的に目標の音質に近いスピーカーを選定しこれを中心にした組み合わせとなります。
  それでも下記’音場感’は出ませんので
微調整の繰り返しになります。

  生演奏との違いを分析すると’
音場感’に行きつきます。
  音場感は1.広がり感 2.奥行き感 3.空気感 4.ホール感(クラシック) 5.ライブ感(ジャズ)
  に分解されます。
   1)広がり感:どの装置もステレオであればほぼ達成しているので問題なし。
   2)奥行き感:クラシックでは後方に、ジャズでは前方に音が出てきます。
   3)空気感 :最も難しい難題。会場の拍手のリアルさで判定。
   4)ホール感:クラシック特有のホールの残響再生で決まります。
   5)ライブ感:ジャズでは音が前面に飛び出してきますので残響は大敵で不要。

  
クラシックとジャズのセッティングの違いがこれでわかります。
  これらの要素に共通する
条件はそれぞれの’楽器の定位’が明確になっていることです。言い換える
  と演奏している位置(場所)が
明確に聞き取れることです。これが難題でほとんどが’ダンゴ状態’。
  この状態は装置自体では解決できません。’
定位’の解決策は唯一・・・・。
    ’
楽器の定位とは’’音場感の作り方’を参照
  また、
音場感とは別次元で’感動’がありますが。→ 特性と感動の違い’を参照。

3.録音の方式と特性の違い

  ジャズ、ボーカルでは50年代(モノラル主体)と70年代以降(ステレオ主体)では録音の方式と
  特性が全く違い、その再生方法も必然的に異なります。

   50年代  :
帯域=30~15KHz,ダイナミックレンジ=60db、モノラル、初期ステレオ。
   70年代以降:
帯域=20~20KHz,ダイナミックレンジ=98db、ステレオが中心。
    
’JBL-LE8Tを聴く’’カートリッジの選定’を参照。

4.ウエスタンのすごさ

  ウエスタン系の1920年台の送信用や1930~40年代のアンプ用インプットトランスをライン
  トランスとして使うと音の表情が変わってしまいます。100年前の特性が悪いものにもかかわらず
  音質が激変するのは’
音作りは特性ではない’ことを証明しています。
    
’トランスの音色’、’トランスの効果’を参照。
  ウエスタンには米国ウエスタン、英国ウエスタン、ノーザンウエスタン(カナダ)と関連企業IPC、
  Langevin、DUKANE(いずれも米国)があり、ウエスタンのアンプ、トランス、関連
  を製作。音作りは共通しています。本業は電話、送信機など電信機器の企業。米国AT&Tの傘下。


5.自作のアンプ・スピーカー

  メーカー制作のアンプは
時間をかけ試作・試聴を繰り返して売れる商品として完成されています。
  また、仕様によって明確にソース対応がされています。
  これに比べ自作類の真空管アンプは一発勝負で作られたもので良いはずがない。これだけを見ても
  結論は明白です。出力トランス、増幅管、出力管、コンデンサーすべて音質が変わります。
  また、スピーカーユニットを自作の箱に入れる人もいますが、全く不可です。スピーカーの原理が
  分かっていない。音質を決めるのはスピーカーユニットではなく、微妙な箱鳴りです。
  箱鳴りが無いと音の響きが出ず、箱鳴りが多すぎると音がだぶつきます。
  箱の材質、板厚、容積で決まります。レコードプレーヤーについても同じことが言えます。