オーディオ・アナログ


          SME 


1.CDの歴史
CDは’82年ソニーとフィリップスの共同で開発されました。 統一規格はサイズ12cm、16ビット、録音時間は最大74分。ベートーベンの第9交響曲が1枚に入るようにカラヤンの要請で決まったようです。
その後、20ビット、24ビットと進化してきました。
レコードはソーステープ、カッティング、回転数、再生時のカートリッジ、アーム、プレーヤーなどアンプに入るまでの過程で音質が変わる要素が多数あります。CDはディジタルで且つ規格が決められており、全てが画一的で音質はCDプレーヤーの再生回路のみで決まります。

2.CDの音質
CDは帯域も30〜15,000Hzのディジタル信号。これ以外の音楽信号はカットされています。
音場感という概念はなくCDプレーヤーからアンプに直接音源を送り込むだけの話です。これがCDの音は硬くてきついという印象になっています。一音一音がはっきりしていて音のあいまいさがなく一聴して歯切れが良いと言う印象になりますが、しばらく聴き続けると味気ない、疲れる音になります。
CDプレーヤーによっで音質が若干異なるのは回路設計の優劣によるもので高価なものほど回路が複雑でその分音質も良くなっていますが基本的な音質は変わりません。
20ビット、24ビットCDでは
16ビットでカットされた音楽信号を余裕ができた空間に刻むことが出来るようになり、これで音場感を再現しています。試聴すると確かに音源の奥行き感と広がりが増しているのがわかります。

3.レコードの音質
レコードの音質はソーステープの音質に左右されるものの画一的な規格はなく製造過程の技術によって音質が改善されています。(ディジタルカッティングなど)。また、20,000Hz以上の音も録音されていますので再生装置次第で音質が豊かになります。
同じレコードでも(米)RCAリビングステレオと(独)グラムフォンとの音質差はどこから出ているのかは定かではありませんが、録音テープのトラック数の差とか、録音機器の差と言う話もありこれほどの差はCDではあり得ません。’
レコードの音質差’を参照。

4.CDの音質改善
レコードではアンプに入るまでの間の機材変更でいくらでも改善できますが、CDではそれが出来ません。
唯一の方法はCDプレーヤー〜アンプ間にライントランスを入れることぐらいです。
この唯一の方法でレコードに劣らず生に近い音が出せることはあまり知られていません。もともとCDはディジタル録音ですので音質の経年劣化は全くありません。この点はレコードに優る利点です。レコードは使う頻度で溝に摩耗が出て音質が劣化します。

5.ライントランスの重ね使用
CDプレーヤー〜アンプ間にライントランスを入れることは常態化していて、聞きやすくなったとかノイズが無くなったとかそれなりの効果は出ていました。しかし、そこどまりでそれ以上の発展はありません。CDでレコードみたいな音場感を出せるとは思ってもみないことです。

 1)
トランスの選択
   トランスであればなんでも良いわけではなく選択を誤れば逆効果になります。
   特に国産トランスは特性を良くするあまり音楽性が失われて無残な音質になっています。
   絶対に使ってはならないトランスです。音質の良いライントランスはほぼ限定されます。
   ウエスタン、DUKANE,JENSEN、JS、LANGEVIN、など。

 2)
トランスの組み合わせ
   第1ステップはCDの固い音を柔らかくしてレコードの音に近づけます。音場感を出すため。
   これに該当するトランスはウエスタン系しかありません。
   ライントランスは複数組み合わせることが可能でこれによって音質が劣化することはありません。
   それぞれのトランスの特徴が合わさって音質を調整することが可能になります。
   試聴室ではDUKANE3A80AとJENSEN、ウエスタンWE4001の組み合わせです。
   第2ステップは音場感を出すためにJENSENなどの奥行き感のあるトランスで調整します。
    例)試聴室 ウエスタン WE4001 : 音を柔らかくする
          DUKANE 3A80A :  音場感を出す
                  JENSEN JT-MB-C:  奥行き感を出す

 3)
ラインケーブルでの調整
   ラインケーブルでも音質が変わりますのでこれで微調整します。長さは1m程度×2本。
   線種は近年の特性が良いOFC、7N、8Nなどのメーカー製は不可。ウエスタン物を使用。
   ’
ケーブルの選定’を参照。

 4)
アンプでの補正
   前項まではトーンコントロールをニュートラルで音質調整します。
   スピーカーはメーカー、モデルによって音作りが異なりクラシック向き、ジャズ向きがあります。
   トランスでは調整しきれないスピーカーの高域と低域の強さをアンプのトーンコントロールで
   若干補正します。音場感を損なわない程度で。