オーディオ・アナログ
ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ・音工房


     トーレンス         SME 

オーディオ装置で使うケーブルは

  
1)スピ-カ-ケ-ブル:アンプ ➡ スピ-カ-間
  2)ラインケ-ブル :CD,トランス,フォノイコ ➡ アンプ間など
  3)フォノケ-ブル :プレ-ヤ- ➡ フォノイコ,トランス,アンプ間など

があります。いずれも音質に密接にかかわるもので、その選択を誤れば全てが台無しになります。
市販されているケーブルは全てが
特性重視のOFC ”とか”6N、7N,8N ”とか”無酸素銅”
を使ったものです。

「 無酸素銅とは酸化物を含まない 99.95%3N)以上の高純度銅 」と定義されています。

無酸素銅はおしなべて音が細くなり、寒色系の締まった音になります。
オーディオでは特性よりもいかに生演奏に近づけるかが主題であり、中でも音場感が重視される
ので特性とは無関係な感覚の世界です。 ’
特性と感動の違い’を参照。

20 種類以上のケーブルを試聴した結果 90年以上前のウエスタンケーブルが最も音質が良いこと
がわかり試聴室のケーブルは全てウエスタンの
ブラックエナメル単線に変えてあります。
楽器の定位’が驚くほど変わります。聴けばすぐわかるほどの変化です。銅の純度は悪いが
材質が良い
からと言われています。数万円/mの
OFCケーブル(ブランド品)も使ってみました
がウエスタンの足元にも及びません。

ほとんどの人がケーブルは’
銅の純度が高く径が太い方が伝送特性が良く、音質も良い’と認識
しています。ところが ?。
これは完全な間違いです。単線を使った人にしか理解できないことです。
ケーブルの選定は音質改善の
第1ステップ最初に取り組む事項です。後回しにすると今までの
改善が無駄になります


1.WE(ウエスタン)単線ケーブルの選定

ケーブルには単線と撚り線とがあり、12G(太い)~28G(細い)までの径の違いがあります。
20G を基準に太くなれば中~低域寄りの音で細くなれば中~高域寄りの音になります。
年代は
1930~’40が最も音質に優れています。

ウエスタンケーブルは全て音質が良いとは限らず注意を要します。使えるものは
2~3種類程度
古い年代の物が良い。
偽物に注意オークションやネットに出ているものは要注意
ケーブルの被服が綿巻、絹巻以外の物、特に樹脂物には要注意。
単線と撚線では音質が異なり、単線ははるかに奥行き感が出ます。楽器の定位が明確に出る。

    WEケーブル ➡ 撚線

          ➡ 単線 ➡ スズ鍍金単線
               ➡ エナメル単線
               ➡ ブラックエナメル単線
               

   単線ケーブルにはスズ鍍金単線エナメル単線ブラックエナメル単線があり、
   音はブラックエナメル単線がはるかに上質。音質が柔らかく最も良い。
   長さは 1~2.5m太さは’20AWG ’のみ被服は綿巻きワックス仕上
     1930年代のウエスタン電信用のケーブル。ウエスタンアンプにも使用。

     実物は’ブラックエナメル線’を参照。
   スピーカーケーブル又はラインケーブとして使います。
   この単線は入手困難で現在は’ウエスタンラボ’でのみ入手可。
   長さは2m程度ですがこのケーブルを繋いで使用します


  1)WE スピーカーケーブル

   ブラックエナメル単線のエナメルを剥がし圧着端子で繋いでスピーカーケーブルとして
   使用。音質劣化なし。スピーカーケーブルは長くすると音場感が減少するので片側3m
   以下がお勧め。楽器の定位が明確になり音場感が増します。聴けばすぐわかる程。

   市販されているスピーカーケーブルは
OFC の撚り線で尚且つ径が太いものです。
   過去に価格の高いブランド品8種類程度を試してみたことがありますが、いずれもわず
   かな変化はあってもウエスタンの足元にも及びません。シールドは不要。

  2)WE ラインケーブル

   ブラックエナメル単線を使い自作するのがベスト。音質が激変。
   市販のRCAピンプラグを使用し単線2本を半田ずけ。’
ブラックエナメル線’を参照。
   自作できなければショップに製作依頼。シールドなしではまれにアンプとの相性でハム
   が出る場合があります。この場合、市販の網線を被せて(-)側にシ-ルドします。

2.フォノケーブルの選定

MC
カートリッジは 0.1~0.5mv の微弱電流で外部のノイズに影響を受けるのでシールド
されたケーブルを要します。このため
フォノケーブルに限りウエスタンケーブルで自作する
のはハムの危険があり
お勧めできません。しっかりしたシールドのフォノ専用ケーブルを使い
ます。
40 年前の国産フォノケーブルは音が柔らかく現在の OFC ケーブルとは音質が異なり
ます。