オーディオ・アナログ
ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ・音工房


     トーレンス         SME 

オーディオ装置で使うケーブルは
@フォノケーブルAラインケーブルBスピーカーケーブルがあります。
いずれも音質に密接にかかわるもので、その選択を誤れば全てが台無しになります。市販されているケーブルは
ほとんどが
特性重視の”OFC”とか”6N、7N,8N”とかいわゆる”無酸素銅”を使ったものです。
”無酸素銅とは酸化物を含まない99.95%(3N)以上の高純度銅”と定義されています。

オーディオにおいてこのわずかな純度の差と音質との関係は証明されてはおらず、
個人が聞いた感覚での判断
なり、良し悪しの判定は不可能です。
おしなべて音が細くなり、いわゆる締まった音になります。
オーディオでは特性よりもいかに生演奏に近づけるかが主題であり、中でも
音場感が重視されるので特性とは
無関係な
感覚の世界です。 ’特性と感動の違い’を参照。

オーディオ用の市販ケーブルが高純度の無酸素銅なのは”特性が良いほど音質が良く付加価値が高い”という
メーカーの論理です。これを認識する必要があります。計測器の数値が良い=高く売れる。

20種類以上のケーブルを試聴した結果
90年以上前のウエスタンケーブルが最も音質が良いことがわかり
試聴室のケーブルは全て
ウエスタンに変えてあります。’楽器の定位’が驚くほど変わります。
聴けばすぐわかるほどの変化です。銅の純度は悪いが材質が良いからと言われています。数万円/mのOFC
ケーブル(ブランド品)も使ってみましたがウエスタンの足元にも及びません。

音質が良いとは音場感とは別に’潤いがある’’温かみがある’’響きが良い’の音質の3要素がそろって
いることです
締まった音にはこれがありません。→ 近年の7N,8Nケーブル(OFC)。

マニアをはじめほとんどの人はケーブルが
’音質に重要な影響を与える’ことに気が付いていません。
ケーブルの選定は音質改善の第1ステップ最初に取り組む事項です。  ’楽器の定位とは’を参照。

1.WE(ウエスタン)ケーブルの選定
アンプ配線用のシールドケーブルとシールドされていないケーブルとがあります。ケーブルには単線と撚り線と
があり、12G(太い)〜28G(細い)までの径の違いがあります。20Gを基準に太くなれば中〜低域寄り
の音で細くなれば中〜高域寄りの音になります。年代は
’1930〜’40年が音質に優れています。
ウエスタンケーブルは
全て音質が良いとは限らず注意を要します。使えるものは2〜3種類程度
古い年代の物が良い。
偽物に注意オークションやネットに出ているものは要注意
単線と撚線では音質が異なり、単線ははるかに奥行き感が出ます。楽器の定位が明確に出る。
市販のケーブルはほとんどが日本製の6N,7Nの撚り線です

 1)WEシールドケーブル
   単線1本+網線構成と単線2本+網線構成があり被服は綿または絹で音質は同じです。いずれもエナメル
   
単線で音質が柔らかく最も良い。’楽器の定位’が明確にでる。長さは1〜2.5m。
     実物は’ブラックエナメル線’を参照。
   
用途はラインケーブル

 2)WEブラックエナメル単線ケーブル
   エナメル単線、ブラックエナメル単線、スズメッキ単線とがあり被服は絹巻、綿巻があります。
   
スズメッキは不可。音はエナメル、またはブラックエナメルの方がはるかに上質
   音質が柔らかく最も良い。長さは1〜2.5m。太さは’20AWG’のみ
   
ブラックエナメルは太さ’20AWG’しかありません。被服は絹・綿巻きでワックス仕上げのみ
   
  実物は’ブラックエナメル線’を参照。
   短いブラックエナメル単線を圧着端子で繋いでスピーカーケーブルとして使います。音質劣化なし。
   ラインケーブルで使う場合シールドなしではまれにハムが出る場合があります。アンプとの相性。
   
推奨のブラックエナメル単線は入手困難で現在は’ウエスタンラボ’でのみ入手可。
   長さは2m程度ですがこのケーブルを繋いで使用します。

   用途はスピーカーケーブル

2.フォノケーブルの選定
MCカートリッジは0.1〜0.5mvの微弱電流で外部のノイズに影響を受けますので厳重にシールドされた
ケーブルを要します。このため
フォノケーブルに限りウエスタンケーブルで自作するのはハムの危険があり
お勧めできません

しっかりしたシールドのフォノ専用ケーブルを使います。
40年前のフォノケーブルは音が柔らかく現在の
OFCケーブルとは音質が異なります。OFCケーブルは音が締まっています。

3.スピーカーケーブルの選定
市販されているスピーカーケーブルは100%OFCの撚り線
で尚且つ径が太いものです。これは伝送特性と
付加価値のみを考えたメーカー論理
の結果です。使う方もこれを信じてしまい、洗脳されています。
評論家の責任も大きい。過去に価格の高いブランド品8種類程度を試してみたことがありますが、いずれも
音質にわずかな変化はあってもが向上したことはなく失望。

ウエスタンのエナメル、またはブラックエナメル単線が最も音質が良い。太さは’20AWG’のみしか
ありません。被服は絹・綿巻きでワックス仕上げのみ。
  実物は’ブラックエナメル線’を参照。
長さが短いので繋いでスピーカーケーブルとして使います。音質劣化なし。

試聴室のケーブルは全て1930年代の
ブラックエナメル単線(20AWG)です。
スピーカーケーブルは長くすると音場感が減少するので片側3m以下がお勧め。

4.ラインケーブルの選定
スピーカーケーブルと同じことが言えます。ブラックエナメル単線(20AWG)を使い自作するのが
ベストです。音質が激変。
試聴室のケーブルは全て1930年代のブラックエナメル単線(20AWG)の自作。
シールドケーブルを使うと
音が柔らかくなり、単線を使うと音場感が増します。撚線は変化なし。