オーディオ・アナログ


           SME 

オーディオ装置で使うケーブルは
@フォノケーブルAラインケーブルBスピーカーケーブルがあります。
いずれも音質に密接にかかわるもので、その選択を誤れば全てが台無しになります。市販されているケーブルはほとんどが特性重視の”OFC”とか”6N、7N,8N”とかいわゆる”無酸素銅”を使ったものです。
”無酸素銅とは一般的に酸化物を含まない99.95%(3N)以上の高純度銅”と定義されています。
オーディオにおいてこのわずかな純度の差と音質との関係は証明されてはおらず、
個人が聞いた感覚での判断となり、良し悪しの判定は不可能です。おしなべて音が細くなり、感覚的に冷たく硬い音になります。
(いわゆる締まった音)。オーディオでは特性よりもいかに生演奏に近づけるかが主題であり、中でも
音場感が重視されるので特性とは無関係な感覚の世界です。
オーディオ用の市販ケーブルが高純度の無酸素銅なのは”特性が良いほど音質が良く付加価値が高い”というメーカーの論理です。これを認識する必要があります。
70年前のウエスタンケーブルの方が感覚的に音質が良いのは明白で、銅の純度は悪いが材質が良いからと言われています。

ケーブルの選定は音場感を出すための微調整という位置づけで選びます。装置との相性がありますのでいろいろ試す必要があります。選定の基準はもちろんコンサートやライブを生で聞くことですが出来なければ他人のシステムを多く聞くことです。

1.ウエスタンケーブルの選定
アンプ配線用のシールドケーブルとシールドされていないケーブルとがあります。ケーブルには単線と撚り線とがあり、12G(太い)〜28G(細い)までの径の違いがあります。20Gを基準に太くなれば中〜低域寄りの音で細くなれば中〜高域寄りの音になります。年代は’20〜’40年が音質に優れています。
ウエスタンケーブルは全て音質が良いとは限らず注意を要します。古い年代の物が良い。偽物に注意。
オークションやネットに出ているものは約半数が偽物です。

1)シールドケーブル
  単線1本+網線構成と単線2本+網線構成があり被服は綿または絹で音質は同じです。
  音質が柔らかく最も良い。楽器の定位が明確にでる。
  長さは1〜2.5m。用途はラインケーブル。

2)単線ケーブル
  エナメル単線、ブラックエナメル単線、スズメッキ単線とがあり被服は絹巻、綿巻があります。
  スズメッキよりエナメルの方が音は上質。長さは1〜2.5m。太さは20〜24G。
  用途はラインケーブル。音質が柔らかく最も良い。楽器の定位が明確にでる。
  短いブラックエナメル単線を繋いでスピーカーケーブルとして使うのもOK。音質劣化なし。
  ラインケーブルで使う場合シールドなしではハムが出る場合があります。アンプとの相性。

3)撚り線ケーブル
  銅線とスズメッキ線とがあり被服は絹巻、綿巻があります。長さはロール巻きで太さは各種。
  用途はラインケーブル、スピーカーケーブル。音質は癖のないノーマルな音。
  近年のメーカー製の高級ケーブルよりもはるかに音質に優る。単線ケーブルよりは劣る。
  WE-77,55トランスから取り出した鉄線を撚り線にして作ったピンケーブルもありますが、
  音質は素晴らしく柔らかさが薄らぎ鋭くなります。なまった音にはよく合います。

2.フォノケーブルの選定
MCカートリッジは0.1〜0.5mvの微弱電流で外部のノイズに影響を受けますので厳重にシールドされたケーブルを要します。このためウエスタンケーブルで自作するのはハムの危険がありお勧めできません。
しっかりしたシールドのフォノ専用ケーブルを使います。
40年前のフォノケーブルは音が柔らかく現在のOFCケーブルとは音質が異なります。OFCケーブルは音が締まっています。

3.スピーカーケーブルの選定
市販されているスピーカーケーブルは100%OFCの撚り線で尚且つ径が太いものです。これは伝送特性と付加価値のみを考えたメーカー論理の結果です。使う方もこれを信じてしまい、径2mm(20G)で特性の悪い方が音質が良いケーブルがあることを信用しない傾向にある。評論家の責任も大きい。同じことがラインケーブルについても言えます。エナメル単線が最も音質が良いので短いブラックエナメル単線を繋いでスピーカーケーブルとして使うのもOK。音質劣化なし。
スピーカーケーブルは長くすると音場感が減少するので片側3m以下がお勧め。