オーディオ・アナログ


          SME 



1)BLUE-NOTEの音質
BLUE-NOTEは1950年代中頃〜1960年代中頃までの最盛期レコードに傑作アルバムを数多く出しています。モノラルからステレオに移行した時期(1958年)で両方が混在。当時のステレオ技術はまだ未熟でほとんどが中抜けの状態。モノラルの方が臨場感があり迫力があります。当時のレコードを現代の装置で再生すると音にアンバランスが生じとても聞けたモノではありません。再生装置の特性が優れているためレコードの録音の粗が目立ってしまうからです。
BLUE-NOTEの音質はもともと良くありません。とにかく楽器の分解能が良くない。Prestigeレーベルと比較すれば歴然と差が出ます。

2)モノラルジャズの再生
試聴室ではモノラル再生を長年調整していますが未だに完成に至ってはいません。レ-ベルによって差が出てきてしまう。先般、古いトーレンスTD-184を整備中に試しにBLUE-NOTEをサブシステムのスピーカーJBL-L75(20cmフルレンジ)聴いた時今まで聞いたことがない音が飛び出してきた。
Prestigeの音そのものです。盤を変えて聞いても生々しい吹き出すような音は同じ。BLUE-NOTE以外の盤も同じ結果でした。使ったカートリッジはプレーヤに付属していたシュア M7D(ステレオ丸針)。通常使用のカートリッジはオルトフォンMC-20。
BLUE-NOTEがまともに聞ける音に変化したのは装置の水準が同年代のものに統一され録音の粗とスピーカーの粗が出なくなったからではないか。レンジの狭いLE8Tの音が豹変し、その狭さを全く感じさせないリアルな音が飛び出してきた。試しにカートリッジをMC-20に変えたところ元の聞くに堪えない音に。改めてカートリッジの重要さを認識しました。古い
ジャズは装置の特性を追求すると逆効果になるようで、もっと気楽に聞く方がいいかもしれません。

3)
モノラル再生のカートリッジ
’50年代のモノラルジャズ高特性のカートリッジを使うと再生音が悪くなる。前述した通りです。
かと言ってモノラル用のカートリッジは全て良いかと言うとそうではなく数種類に限られます。経験的にオルトフォンCG25D、GEバリレラがお勧めで、いずれもカンチレバーがバリレラタイプの物です。それぞれ音の傾向が違います。前者はMCで後者はMM。
CG25D(MCモノラル)は出力が大きいのでそのままでも使えますが、3〜4倍の昇圧トランスを使う場合にはトランス選択を間違うと音質が劣化します。
GEバリレラにはシングルバトン、VR2トリプルプレイ、RPXトリプルプレイの3種類があり音質が違います。針も0.7ミル、1ミルがあります。0.7ミルは音が細身で1ミルは音が太身。
シュアM3D、M7Dはステレオ用ですがJBLスピーカー及びJensen中型とはベストマッチの一つであることが今回の試聴でわかりました。特性は悪いですがジャズの音が生きてきます。
スピーカとの相性で不適の場合があるかもしれません。試聴室の大型システムでは期待したほどの音は得られずGEバリレラの方がはるかに優れていました。モノラルのセッティングは本当に難しい。
音の調整はテナーサックスを基準にすればわかりやすい。吹き出すような”ブリブリ”感、低域のカスレ音が生々しく飛び出してくればOK。

4)トランスの併用
試聴室では常時ライントランスのDUKANE、Jensen,Westernの3種類を併用していますのでBLUE-NOTEの試聴にもその影響は出ています。トランスを外せば安っぽい音になります。
オルトフォンCG25Dに昇圧トランスを使う場合はJSトランスがよく合います。

5)モノラル盤とステレオ盤の再生
50年代:帯域:30〜15KHz,ダイナミックレンジ:60db、モノラルが中心。
70年代以降:帯域:20〜20KHz,ダイナミックレンジ:98db、ステレオが中心。
ステレオ盤が出始めたのは’58年。マイク2本で左右分離するだけの単純な録音で録音機材もそれほど特性が優れたものではなかった。’70年代以降になると高性能な録音、再生装置やデジタル録音の出現でレコードの概念が激変。この歴史を考えると年代の古いレコードと新しいレコードでは再生の仕方が異なるのが当たり前です。古いものは古いもので新しいものは新しいものでが鉄則。しかし、装置全体を2重に持つのは経済的に不可能で、カートリッジ(入力)とライントランス(出力)で調整するのがベスト。