シュアM3D,シュアM3D,GEバリレラ,GEバリレラ


     シュアM3D,シュアM3D,GEバリレラ,GEバリレラ      SME 

1)ブルーノートの音質
ブルーノートは1950年代中頃〜1960年代中頃までの最盛期レコードに傑作アルバムを数多く出し
ています。モノラルからステレオに移行した時期(1958年)で両方が混在。当時のステレオ技術はまだ
未熟でほとんどが中抜けの状態。モノラルの方が臨場感があり迫力があります。当時のレコードを現代の装置
で再生すると音に違和感が生じとても聞けたモノではありません。再生装置の特性が優れているためレコード
録音の粗が目立ってしまうからです。
ブルーノートにはモノラル盤、ステレオ盤がありますが日本プレス物は楽器の分解能が悪く’プレスティッジ

レーベルと比較すれば歴然と差が出ます。
当時のレコードの中では米国盤の’プレスティッジ’’ブルーノート’が群を抜いて音質が良い。

2)モノラルジャズの再生
試聴室ではモノラル再生を長年調整していますが未だに完成に至ってはいません。レ-ベルによって差が出てき
てしまう。先般、古いトーレンスTD-184を整備中に試しにブルーノートをサブシステムのスピーカー
JBL-L75(20cmフルレンジ)
聴いた時今まで聞いたことがない音が飛び出してきた。
プレステージの音そのものです。盤を変えて聞いても生々しい吹き出すような音は同じ。ブルーノート以外の
盤も同じ結果でした。
使ったカートリッジはプレーヤに付属していたシュア M7D(ステレオ丸針)。

ブルーノートがまともに聞ける音に変化したのは装置の水準が同年代のものに統一され録音の粗と
スピーカーの粗
が出なくなった
からではないか。レンジの狭いLE8Tの音が豹変し、その狭さを全く感じさせ
ないリアルな音が飛び出してきた。
古い
ジャズは装置の特性を追求すると逆効果になるようで、
古いものは古いものでが鉄則

3)
モノラル盤専用のカートリッジ  
’50年代のモノラルジャズ近年の高特性のカートリッジを使うとほとんどの再生音が貧弱になります。

かと言ってモノラル用のカートリッジは全て良いかと言うとそうではなく数種類に限られます。
経験的にカンチレバーがバリレラタイプの物はよくマッチし、
オルトフォンCG(A)25D、GEバリレラ
お勧め。それぞれ音の傾向が違います。 
    詳細はカートリッジの選定を参照。

モノラル針(バリレラタイプカンチレバーの場合)でステレオ盤を聴くのは溝を破損するのでNG、ステレオ針で
モノラル盤を聴くのは問題ありません。

音の調整はテナーサックスを基準するとわかりやすい。硬質でつぶれた音のような高域、吹き出すような
”ブリブリ”感と”カスレ”たような音の低域が生々しく飛び出してくるかどうか。微妙な表現力がないと並の
平面的サックス音となります。初期モノラルは帯域が狭いのでアンプの高域トーンコントロールを上げた方が
生々しくなります。
自分の装置に合うカートリッジを根気よく探す以外に方法はないようです。
音が太くて柔らかい音のカートリッジが比較的合います。


4)トランスの併用
試聴室では常時ライントランスのDUKANE、Jensen,Westernの3種類を併用していますので
ブルーノートの試聴にもその影響は出ています。トランスを外せば安っぽい音になります。
オルトフォンCG(A)25Dに昇圧トランスを使う場合はJSトランスがよく合います。

5)モノラル盤とステレオ盤の再生
50年代  :帯域:30〜15KHz,ダイナミックレンジ:60db、モノラル、初期ステレオが中心。
70年代以降:帯域:20〜20KHz,ダイナミックレンジ:98db、ステレオが中心。

レコードのステレオ盤が出始めたのは’58年。マイク2本で左右分離するだけの単純な録音で録音機材も
それほど特性が優れたものではなかった。’70年代以降になると高性能な録音、再生装置やデジタル録音の
出現でレコードの概念が激変。
この歴史を考えると年代の古いレコードと新しいレコードでは再生の仕方が異なるのが当たり前です。古いもの
は古いもので新しいものは新しいものでが鉄則。しかし、装置全体を2重に持つのは経済的に不可能で、
カートリッジ(入力)とライントランス(出力)で調整するのがベスト。
50〜60年代のジャズ、ボーカルを鳴らすには特性の良い近年のカートリッジは厳禁です
プレスティッジ、ブルーノートのステレオ盤
も同じく特性のようカートリッジは厳禁です。

  カートリッジの選定’を参照。


ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ・音工房