トーレンス

トーレンス


             トーレンス

1.試聴比較のための装置
  試聴室のメインシステム(生演奏に近い音を再生)を使用。
    ・スピーカ: ALTEC 9862、JENSEN LS-3b
    ・アンプ:  ALTEC 1567(プリ)、1570(パワー)
    ・フォノイコライザ: Marantz7 カーブ特注
    ・カートリッジ: Ortofon MC-30
    ・MCトランス: DUKANE 3A25、ortofon T-100
    ・リピートトランス: WE 4001、DUKANE 3A130
    ・比較試聴ソース: RCA digital レコード ショパン piano ソロ、チェルニー・ステファンスカ。
     生演奏との比較: ピアノの響き、アタック感、奥行き感、会場の空気感、残響再生。
       
音質を確認するには”ピアノソロ”が最も適しています。単一の音源で判断しやすい
       のと音の響きが確認できます。このピアノが生演奏と同じであれば問題は解決。

    
・プレーヤ: 過去20年間で43機種試聴の中から25機種を下記に記載。
    ・トーレンス(ベルトドライブ): TD-111、124、126、147、150、165、
                     318、320、2001
    ・Linn(ベルトドライブ): LP-12
    ・MICRO(ベルトドライブ): MR−611,411,322、211、BL-91、101、777
    ・Garrard(アイドラー方式): 301、401
    ・DENON(DD方式): 3000、6000
    ・YAMAHA(DD方式): GT-1000、2000
    ・Victor(DD方式): JL-B77、QL-7R


2.再生音の比較
  トーレンス、Linnの10機種(ベルトドライブ)はほぼ同質の音で生演奏と比較しても遜色がない。
  強いて言えば、音が途切れるわずかな瞬間の静寂音はトーレンスが優れています。
  小編成のJAZZではバックのピアノやドラムが埋没することはなく明確に再生されます。
  レコードに針を落とした瞬間に響きの違いが明確に判るほど。
  海外製はほとんどがベルトドライブでDD方式が少ないのはこのためです。

  Garrardは音の重心が低く、線が太い音で響き、奥行き感があまり出ません。JAZZには合いそう。
  国産のDENON、YAMAHA、Victorの6機種は共通してDD方式の特徴であるきれいな音。
  音の線が細く、冷たい音質で奥行き感が出ません。小編成のJAZZでも平面的で無感動で平凡な音。

  MICROの7機種はベルトドライブ特有のトーレンス、Linn、と同系統の音。BLシリーズは構造上、若干
  固めの音でクラシックには合うがジャズのホットさが出ません。MRシリーズは柔らかく心地よい音。
  解像度はいまいちで物足りない。

3.ケース構造の差
  プレーヤーの音質は本体よりもケースの構造が大きく影響します。

  スピーカーと同じくプレーヤーもケースの響きが70%程度音質に影響。

  音が良いと言われているプレーヤーは板厚が薄い箱型に作られています。
  Garrerdをはじめ国産のプレーヤーはほとんど積層合板のくりぬきで作られています。
  中には昔のレッドコンソールのように鉛を注入したものもあります。これは音の共振を防ぐために
  考えられたことで耳で設計するのではなく、日本特有の頭で設計した典型的な例で音質は二の次。
  評判のよいトーレンス TD-124 のケースは箱型で音の響きを出していますが、数年前、

  試しに積層合板で作成したものに変えたところ、一聴してわかるほど響きのない音に変化。