トーレンスレコードプレーヤー           トーレンス,レコードプレーヤ

1.試聴比較のための装置
  試聴室のメインシステムを使用。

    ・スピーカー   : ALTEC 9862、JENSEN LS-3B
    ・管球アンプ   : ALTEC 1567(プリ)、1570(パワー)
    ・フォノイコライザ: マランツ7型 カーブ特注
    ・カートリッジ  : ORTOFON MC-30
    ・MCトランス  : DUKANE 3A25、ORTOFON T-100
    ・ライントランス : WE 4001、DUKANE 3A130

    ・比較試聴ソース : RCA digital レコード ショパン ピアノ ソロ、
               チェルニー・ステファンスカ。
     生演奏との比較 : ピアノの響き、アタック感、奥行き感、会場の音場感、残響再生。

       
音質を確認するには”ピアノソロ”が最も適しています。単一の音源で判断しやすい
       のと音の響きが確認できます。


    
・レコードプレーヤー: 過去20年間で43機種試聴の中から25機種を下記に記載。
    ・トーレンス(ベルトドライブ):  TD-111、124、126、147、150、165
                      318、320、2001
    ・Linn(ベルトドライブ):     LP-12
    ・MICRO(ベルトドライブ):  MR−611,411,322、211、
                       BL-91、101、777
    ・GARRARD(アイドラー方式):301、401
    ・DENON(DD方式):     3000、6000
    ・YAMAHA(DD方式):    GT-1000、2000
    ・Victor(DD方式):      JL-B77、QL-7R


2.再生音の比較
  トーレンス、Linnの10機種(ベルトドライブ)はほぼ同質の音で生演奏と比較しても遜色がない。
  強いて言えば、音が途切れるわずかな瞬間の静寂音、細部の音場感はトーレンスが優れています。
  小編成のJAZZではバックのピアノやドラムの小音量が埋没することはなく明確に再生されます。
  
レコードに針を落とした瞬間に響きの違いがはっきりわかるほど。何故トーレンスは音質が良いかは
  日本の技術志向では説明不可能
。’音の次元’が違います。

  トーレンスはアームとカートリッジで音が変わりますオルトフォン又はトーレンスのアームに
  オルトフォンMC20,MC30又はシュアV15シリーズ、M3Dをセットするのがベスト。
  ハイグレードのシステムにはSPUゴールド以降が最も合います。

  ターンテーブル、モーター、アーム、ケースなど全てが日本製品の構造とは真逆の構造です。
  安価なDUALでも国産物よりはるかに響きが良い。
  海外製はほとんどがベルトドライブでDD方式が少ないのはこのためです。

  GARRARDは音の重心が低く、線が太い音で響き、奥行き感が全く出ません。音場感はなし。
  英国BBC局用で使われていた歴史があり、これにあこがれてブランドで買うプレーヤーです。
  局用プレーヤーは音質が悪い電波で使用するので音質よりも耐久性と安定性に重きを置いています
  ショップが勧めるのは高価で利幅が大きいからです。トーレンスと聞き比べると一聴してわかります。
  301と401は構造は同じでデザインが異なるのみ。音質差はありません。

  国産のDENON、YAMAHA、Victorの6機種は共通してDD方式の特徴であるきれいな音。
  音の線が細く、冷たい音質で音場感が出ません。小編成のJAZZでも平面的で
感動は全くなし
  構造はほぼ同じのため音質差はほとんどありません。

  MICROの7機種はベルトドライブ特有のトーレンス、Linn、と同系統の音。BLシリーズは
  構造上、若干固めの音でクラシックには合うがジャズのホットさが出ません。MRシリーズは柔ら
  かく心地よい音。解像度はいまいちで物足りない。ゴムマットの交換は必須です。

3.ケース構造の差
  プレーヤーの音質は本体よりもケースの構造が大きく影響します。

  
スピーカーと同じくプレーヤーもケースの響きが70%程度音質に影響。
  音が良いと言われているプレーヤーは板厚が薄い箱型に作られています。

  GARRARDをはじめ国産のプレーヤーは
ほとんど積層合板のくりぬきで作られています。
  中には昔のレッドコンソールのように鉛を注入したものもあります。これは音の共振を防ぐために
  考えられたことで耳で設計するのではなく、日本特有の
頭で設計した典型的な例で音質は二の次。
  
  評判のよいトーレンス TD-124 のケースは箱型で音の響きを出していますが、数年前、

  
試しに積層合板で作成したものに変えたところ、一聴してわかるほど響きのない音に変化。
  
4.認識の違い
  日本では’
オーディオ装置の共振は音質を損なう悪’という概念が定着しています。メーカーの宣伝
  や評論家の宣伝で納得しているわけです。極わずかな共振も計測器で検知し、これを無くす対策に追
  われています。
  プレーヤーでは構造は頑丈になり共振は減りますが一方で最も必要な
音の響き’が損なわれている
  
ことに無頓着になっています。メーカーでは数値で表示できる特性を重視して宣伝し表示出来ない響
  きは無視しています。
見た目頑丈なプレーヤーは避けた方が良さそうです。  

  
トーレンスの音質は聴いた人にしか分かりません。聴かなければ理解不可能です(使用者談)
  GARRARD-301からトーレンスTD-124へ乗り換える人はいますが、その逆はいません
  音質で選ぶかデザインで選ぶかの差です







トーレンス,レコードプレーヤー
トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ・音工房