SME 



1)JBLスピーカの特徴
JBLにはモニターシリーズと民生用があります。前者は4000シリーズを代表にスタジオ仕様で音質も
色付けがなく忠実に再生し帯域もフラット。後者は市販されているLシリーズに代表される民生用で音の
傾向もかなり違います。JBLスピーカーの特徴は全機種において 一聴して”ドンシャリ”型になりやすい。
  1)低域再生が強い :20cm口径でも強くアンプで絞る必要がある。 
  2)高域再生が強い :特に弦楽器は強すぎて聴き疲れする。
  3)音色は中高域が澄んできれい :高域調整で他に類を見ない音色。
  4)音場感特に奥行き感が出ない。:平面的な音場。

使用装置:
  スピーカ:JBL-4301(アルニコ)
  アンプ:ALTEC1567+1570
  プレーヤ:トーレンス TD-184、111
  カートリッジ:オルトフォンSPU-マイスター,シュアM3D,M8D
  ライントランス:DUKANE3A80A+WE4001
  ソース:フランク・プールセル、ビング・クロスビー、モーツアルト40、41番、バッハ・オルガン

2)低域再生
JBLの低域は弾むような音質で生の再生とは少し異なります。所謂”ボンボン”型。聞き取れない程度に
アンプで絞り込まないと中高域まで影響してしまいます。クラシックではコントラバスの沈み込むような
重低音は再生できません。ジャズのベースも弾み過ぎて異質な音になります。
以前、L26(2way)を購入した時は低域の音に悩まされアッテネーターのコンデンサーを交換しても
改善されず2週間で手放した経緯があります。それほどJBLの低域はくせもの。ジャズではベースソロ以外
ほとんど聞き取れないベース音が跳ねて前面に出てきて生とは程遠い。これを如何に抑えるかがポイント。

3)高域再生
アッテネータがフラットの位置では高域が強すぎてクラシックでは聞くに堪えません。−3程度に絞る必要
があります。ジャズのサックスやトランペットでは高域が強い方が音の輝きが出てよく合います。
バックがオーケストラのボーカルは絞った方が聴きやすくなります。
ソースによってアッテネータを調整する必要あり。さらにアンプのトーンコントロールで調整が必要。

4)音場感
アッテネーターを(ー3)に絞りアンプのトンコントロールを高低ともフラット。この状態でクラシックを
聴くと試聴室のシステムに近くなり、聞きやすくなりますが奥行き感がなく平面的な音。
スピーカーケーブルをWEのエナメル単線に変えると低域の音が締まり奥行き感が若干出てきます。
低域の”ボンボン”音もかなり改善。まだ、沈み込むような低域とは程遠い。ケーブルによる差異は大きい。
低域の再生音が中高域にも影響して調整に苦労します。

5)カートリッジの選定
スピーカーの高域特性が強いためSPUマイスターでは特性が良すぎて相性が悪い。MCカートリッジは合
わないようです。シュアM3D、M8DはMMで年代も古くJBLとは相性がいいようです。
奥行き感も出てSPUとは対照的。M7Dは音が前に出てきますが音像がぼやけて不可。
シュアV15シリーズは音が細身でMCカートリッジと同じく合いません。MMカートリッジを中心にアンプ
スピーカーとの相性で機種を選定する必要があります。

6)ライントランスの効用
低域を改善するためライントランスの利用で効果があるか?。奥行き感があり低域を締めるトランスであれば
可能性があります。選定をLangevin、JS、Peerless、Dukaneのライントランスで
確認。結果は重厚感のあるDukane3A80Aが最も効果的。
ライントランスはJBLでは重要な要素となります。

7)ジャズの再生
・50年代のモノラル、60年代以降のステレオのジャズを再生するとM3D,M8Dでは問題なく再生しますが
 MCカートリッジでは音が細くなりレコードが持つ本来の低域特性が再現できず、特に楽器編成が多いベイシー
 などのフルバンドには対応できずきつい平面的な音となります。
・特に50年代のモノラルジャズなどは録音特性と再生特性が合っていれば大型システムに優る迫力ある
 音になります。
・ボーカルはバックにオーケストラが多く低域過多による高域の粗が目立ちます。バックがジャズバンド
 であればOK。

8)クラシックの再生
・70年代以降のステレオのクラシック再生ではカートリッジで大幅に異なります。最も合うのはシュア
 M3Dで臨場感もあり問題なし。その他のカートリッジは押しなべて不適合。
・M8Dでも交響曲、協奏曲などフルオーケストラの曲も破綻することなく再生します。


アンプは真空管が適しており近年のトランジスターアンプは合いません。音が冷たく平面的になります

但し、マッキンのアンプは音の重心が低いので良くマッチし定番となっているのがよくわかります。
カートリッジはシュアM3D
,M8Dがベストでその他とは一聴して違いが判ります。選定が重要です。
ライントランスを入れた音を聞くとトランスを外せなくなります。それほどトランスの空気感は絶大です。





オーディオ・アナログ