オーディオ・アナログ


            SME 



1)JBL-LE8T
シリーズにはLE8(初期型)、LE8T(アルニコ)、LE8T-H(フェライト)の3種類があります。
いずれも8インチ(20センチ)のコーン型フルレンジ。8Ω、特性50〜15,000Hz。
システムとしてはL-33,L-44,L-54(トリムライン),L-75(メヌエット),D53(リブラ)等があります。日本ではサンスイが自社箱入りで販売。

2)L-75(メヌエット)の鳴らし方
L-75は小型の箱にLE8TとPR8(パッシブラジエーター)を組み込んだもの。試聴室でLE8Tと
LE8T-Hの両方でユニットを交換しながら比較試聴。

  使用装置:
  アンプ:ALTEC1566+300Bシングル
  プレーヤ:トーレンス TD-184
  カートリッジ:オルトフォンMC20,CG25Di,シュアM3D,M7D,M8D,GEバリレラ
  ライントランス:DUKANE3A80A(プリ〜パワー間で使用)
  ソース:ジャズ(ソニーロリンズ)モノラル盤/ Prestigeレーベル1956年、他

LE8Tの場合(ライントランス有り)
  アルニコの特徴であるホットな音色。ジャズによく合います。
  MC20は全く不適合。CG25Di(昇圧なし)はSPUの音でも奥行き感がいまいち。
  M3DはほぼCG25Diと同じ。M7Dは生々しい音が飛び出して来る。M8Dは臨場感が
  出てきてM7Dよりも生に近い。GEバリレラはM7Dに近い音も迫力が劣ります。

LE8T-Hの場合(ライントランス有り)
  フェライトらしく上下の伸びがある半面ホットさがなく平坦な音色。ジャズでは迫力がいまいち。
  各カートリッジは上記と同じ傾向ですがM7Dもサックスの吹き出すような音が出てこない。
  クラシックの室内楽には合うかもしれない。

LE8Tの場合(ライントランスなし)
  全般にライントランス有りと同じ傾向ですが、楽器の分離と奥行き感が薄れてきます。サックスの飛び
  出し感が薄くなります。

3)LE8Tの適応ソース
レコードを年代別に見てみると
50年代:帯域:30〜15KHz,ダイナミックレンジ:60db、モノラル、初期ステレオが中心。
70年代以降:帯域:20〜20KHz,ダイナミックレンジ:98db、ステレオが中心。
ダイナミックレンジが極端に違うためフルレンジスピーカーは特性が良い70年代以降のステレオレコードには低域不足となります。

ジャズの再生
・LE8Tで70年代以降のステレオのジャズを再生するとM7D,M8Dでは問題なく再生しますが
 それ以外のカートリッジではレコードが持つ本来の低域特性が再現できず特に楽器編成が多いベイシー
 などのフルバンドには対応できずダンゴとなります。
・一方50年代のモノラルジャズなどは録音特性と再生特性が合っていれば大型システムに優る迫力ある
 音になります。
・ボーカルはバックにオーケストラが多く低域不足による高域の粗が目立ちます。バックがジャズバンド
 であれば最高。

クラシックの再生
・70年代以降のステレオのクラシック再生ではカートリッジで大幅に異なります。最も合うのはシュア
 M8Dで臨場感もあり問題なし。その他のカートリッジは押しなべて不適合。
・M8Dで再生すると交響曲、協奏曲などフルオーケストラの曲でも破綻することなく再生します。
 スピーカーの口径が小さい分、大型には迫力で劣りますがそれなりにまとまった音で不満なく聞けます。

アンプは真空管が絶対条件で近年のトランジスターアンプは合いません。音が冷たく平面的になります。
カートリッジはシュアM7D
,M8Dがベストでその他とは一聴して違いが判ります。
ライントランスを入れた音を聞くとトランスを外せなくなります。それほどトランスの威力は絶大です。
レコードのレーベルの差も歴然とあり、米国プレスのPrestige,BLUE-NOTEが最高です。日本プレスは不適。