オーディオ・アナログ
ライントランス・トーレンスレコードプレーヤー・トーンアーム修理・MCトランス・フォノカートリッジ・音工房


       トーレンス       SME 

B&Wのスピーカーは以前から興味があり一度は聴いてみたいと思っていましたが、CM1の評判が良いので
思い切って入手。マッチ箱のような大きさで良い音が出るはずがないとの思い込みがあり、あまり期待しては
いませんでしたが、これが驚き。

1.B&W CM1の特徴
 マッチ箱のようなスピーカー。容積:13ℓ。
 試聴室のメインスピーカー容積:370ℓの約 1/30、JBL4301容積:43ℓの1/3.3です。

  形式:2ウェイ2スピーカーバスレフ型 
  使用ユニット:25mmメタルドーム・トゥイーター、130mmケブラーコーン・ウーファー 
  再生周波数帯域: 45Hz~50kHz 
  出力音圧レベル:84dB 
  公称インピーダンス:8Ω 
  クロスオーバー周波数:4kHz 
  外形寸法:165W×280H×276mm 
  質量:6.7kg

2.CM1の再生
  使用装置:
  スピーカー  :B&W CM1+純正スタンド FS700
  管球アンプ  :ALTEC1567+1570

  プレーヤー  :トーレンス TD-111、CD:WADIA-6
  カートリッジ :オルトフォンSPU-リファレンス,シュアM8D
  フォノイコ  :外付けMarantz7型
  昇圧トランス :DUKANE3A25
  ライントランス:DUKANE3A80A、JENSEN、WE4001
  レコード   :ビリーホリデイ、ソニーロリンズ、アルビノーニ、シュトラウス、バッハ他

 1)低域再生
   15インチウーハーには及びませんが、想像を絶する低域が音場感豊かに再現されます。
   クラシックではオルガンの40Hzの重低音は再生できませんが、50Hz以上は問題なく再生。
   オルガンの量感も十分。ジャズのベースも弾まず生に近い再生が出来ます。

 2)高域再生
   欧州系の小型スピーカーに共通する奥行き感のない少しきつめの高域再生とは異なり音場感豊かな
   再生音。ピアノの再生は驚愕。クラシックの弦の再生はソースによってはかなりきつめに再生され
   ます。トーンコントロールやトランスで調整する必要があります。

 3)音場感
   マッチ箱サイズからは想像できないような音場感があります。奥行き感はそれほどありませんが
   それなりの音場感です。
   
アンプのボリュームを上げ過ぎると交響曲ではさすがに楽器の分離が出来ずダンゴ状態になり、
   音場感が無くなります

   
 4)カートリッジの選定   
   
カートリッジには敏感に反応しますので、音質の違いが如実に表れます。
   合う合わないが極端に出て、カートリッジによって天と地の差が出ます。
   レコードのレーベル、使用状態にも敏感に音質の違いが現れます。レコード選定が重要。

 5)ライントランスの効用
   DUKANE3A80Aで比較すると音に艶が出てきます。弦の音が柔らかくなり刺激音が低減。
   低域は深みが増す感じ。高域の刺激音が低減されます。ウエスタンとの組み合わせを推奨


 6)レコードの再生
   ビリーホリデイのボーカル(ステレオ)は古いにもかかわらずギター、ピアノ、サックス、ドラム
   のブラシが明確に再生。ボーカルも飛び出します。定位抜群。ソニーロリンズのサックスはライブ
   を聴いているようで立体感があります。
   当然ですがツアラトストラの出だしの30Hzのオルガン重低音は再生できません。アルビノーニ
   のアダージオは絹の様な弦楽器が大型並みに再生されます。
   
カートリッジにより再生音はかなり変わってきます

   クラシックでは
ディジタル録音のレコードは音場感の崩れが出ないのでお勧めです。
   アナログ録音のレコードはフォルテッシモで音がダンゴになります。

 7)CDの再生
   
スリーデグリーズ、岩崎宏美、イルカ
のボーカルは演奏と明確に分離して埋没することはなし。
   録音の古いデユークエリントンも楽器の定位が明確で古さを感じません。中村八大のピアノは絶品。
   シューマン・ピアノ協奏曲はオーケストラの楽器がダンゴにならず定位も比較的明確。ピアノは
   埋没することは無し。ブルックナーNO9は出だしのフォルテッシモが崩れることなく再現。
   高域がきつめに再生されますのでアンプで絞る必要があります。
   
 8)アンプの選定
   スピーカーの特性からトランジスターアンプでは音が硬くなりそう。管球アンプの倍音再生
   欠かせません。管球の選定が重要。出力の大きい方が相性が良いようです。


3.セッティングの難しさ
 超小型のためセッティングには注意を要します。適当なものに乗せても能力は発揮できません。
 JBL4301の上に乗せて試聴しましたが中低域がおかしい。分解能が悪く’モヤモヤ’した感じ。
 純正のスタンドを購入してセッティングすると見違えるように鳴り出しました。

 1)純正のスタンド FS700を使う。CM1はスタンド一体で設計されているようです。
 2)CM1とスタンドの間に黒檀(木製)のスペーサーを入れて浮かす。響きを出すため。
   スペーサーなしの方が中低音の量感が増す。
 3)後方、左右を物から50cm以上離す。低域の回り込みを無くす。
 4)スピーカーケーブルで音質が変わる。ウエスタンのブラックエネメル20AWGワイヤー使用。
 5)高域、低域で端子が分かれていて(バイアンプ式)専用のパネルで接続されているのを
   ウエスタンのブラックエネメル24Gワイヤーに変更。   
 6)エージングはかなりの日数を要します。

4.CM1とJBL4301の比較
 クラシックとジャズでは再生音が微妙に異なります。
 クラシックの音場感はCM1が勝っており、JBLは奥行き感が薄い反面弦楽器の再生が柔らかい。
 ジャズではJBLの方が音場感がありますが霧が晴れたような見通しはCM1が勝ります。

 CM1は特性と音質に勝っています。トランスを入れて音を柔らかくするのがコツです。
 
CM1の周波数特性は~50KHz、4301は~15KHzと大きな違いがあります。
 ライントランスを入れると特性が~20,000Hzとなり音場感が増します。
 
物理的にトランスで特性を落としているわけです。

5.ウエスタンライントランスでの変化
   比較的入手可能でライントランスとしても利用できるWE-111Cはウエスタンの中でも
   代表格でオーディオシステムには必須のトランスと言えます。
   このトランスを入れると明らかに音質が変わるのが判ります。
奥行き感と楽器の響きが増し
   楽器の定位が明確になります。
   ウエスタンのトランスは音を柔らかくして音場感を出すので有名です。
   アンプは管球式を使いMM、MCカートリッジで検証。
   
超小型のスピーカーCM1を小出力アンプでどこまで鳴らせるか’の限界を検証

   使用装置:
    スピーカー  :
B&W CM1+純正スタンド FS700
    管球アンプ  :
城下工業SW-C20B(1.3w×2)
増幅管はWE420に変更
    プレーヤー  :トーレンス TD-150
    カートリッジ :シュアM3D、SPU-#1、SPUマイスター、オルトフォンMC-20
            GEバリレラVR22(ステレオ)
    フォノイコ  :外付けMarantz7型
    昇圧トランス :DUKANE3A55
    ライントランス:WE111C、WE146K、DUKANE3A80A、JENSEN
    レコード   :アルビノーニ、ピアノ協奏曲、ソナタ、バッハ、ビリーホリデイ、イルカ

 1)シュアM3D(MM)の場合
   ウエスタンの特徴が現れて音が柔らかくなり音場感、特に奥行き感が増します。
   高域の硬さがうすらぎ聴きやすくなります。
   
調整前は聴くに堪えない音でしたが、トランスでうまく調整すると見違えるように
   4301には無かった見通しが良い、モヤモヤ感が無い音に変身。

   
   WE111C(146K)単独か、DUKANE3A80A組み合わせると音場感がBEST。
   
使う管球アンプによって組合わせるトランスも変わります
   カートリッジの特性で高域のきつさは無くなります
   1~2wの低出力アンプには適しているようです

   クラシックのピアノ協奏曲は臨場感がすごい。マッチ箱のようなスピーカーから
   出る音とは思えないほど。バックのオーケストラも楽器の定位が崩れません。
   アルビノーニのアダージョはあたかも夢の中にいるようです。
   ピアノソロもピアノのアタック音が明確に聞き取れます。クラシック再生は申し分ない。
   ビリーホリデイのボーカルもレコードの古さが感じられず、ボーカルとバックの演奏が
   かぶることが無く明確に分離しています。奥行き感が素晴らしい。

 
2)GEバリレラ(MM、VR22ステレオ)の場合
   シュアM3Dとは対照的な音質。中高域がクリアでよどんだところがありません。
   
バリレラはジャズ・ボーカル専用のカートリッジでクラシックには合いません
   弦の再生が苦手で音場感が全く出ません
B&Wとバリレラは相性が悪い。

   WE111C(146K)JENSENの組み合わせ。
    JENSENの高域再生がバリレラと合わず、中高域の再生が少しきつくなります。
    イルカの再生でバックの弦がきつくなり、ビリーホリデイでは逆にバックのバンド
    が明確になり音場感が増します。

   WE111C(146K)+DUKANE3A80Aの組み合わせ
    DUKANEトランスの音場感が少し出てきて全般に聴きやすくなります。
    しかし、
B&Wとバリレラは両方とも中高域が強く合いません。小編成ジャズで
    サックスの再生は秀逸ですが奥行き感が出ません。

 3)SPU-#1(MC)の場合
   ライントランスを使っても使わなくとも音場感があまり出てこない。
   B&Wのスピーカーとは相性が悪い。JBLとはよく合う。
   
B&Wはカートリッジに敏感でSPUでもモデルによって相性が異なる例です。

 
4)SPU-マイスター(MC)の場合
   WE111C(146K)と昇圧トランス3A55の組合わせ。
    DUKANE80A、JENSENのいずれかをを追加すると滑らかさが倍増します。
    CM1がカートリッジに敏感であるのが良くわかります。

    バッハのオルガンでは重低音が破綻することなく音場感を持って響き渡ります。
    ピアノ協奏曲ではピアノがオーケストラに埋没せず前面に出てきます。
    シュアM3Dとは音場感でほぼ同じ。音の重心がやや違うのが特徴です。
    ビリーホリデイのボーカルもレコードの古さが感じられず、ボーカルとバックの演奏が
    かぶることが無く明確に分離しています。
    
本来のマイスターの音質には劣り、アンプの低出力が災いしているようです


 5)MC-20(MC)の場合
   
WE111C(146K)JENSENと昇圧トランス3A55の組み合わせ。
    MC-20特有のやわらかさが特徴でクラシックではB&Wの中高温のきつさが全く出て
    きません。弦楽器の滑らかさと楽器の定位は特質。
    JENSEN特有の高域がきらめき中域が若干薄くなり奥行き感が増します。
    ピアノ協奏曲ではピアノが浮き出てオーケストラが音場感豊かです。

   WE111C(146K)+DUKANE80Aと昇圧トランス3A55の組み合わせ。
    MC-20特有のやわらかさが特徴でクラシックではB&Wの中高温のきつさが全く出て
    きません。弦楽器の滑らかさと楽器の定位は特質。
    JENSENよりは中域が太くなりピアノのアタック感が大幅に増します。
    弦は滑らかさを増し、オーケストラの迫力も大幅に増します。

   いずれも、トーンコントロールの低域を上げていくとバッハのオルガンの重低音が音場感
   を持って目前に迫ってきます。中高域は柔らかくどこまでも伸び、低域はJBLと違って
   適度に締まった音。この迫力は筆舌に尽くしがたい。
   ビリーホリデイのボーカルもレコードの古さが感じられず、ボーカルとバックの演奏が
   かぶることが無く明確に分離しています。
MC-20はCM1と最も合っています
   
MC-20とM3Dで使い分けを推奨します
   1~2wの低出力アンプには適しているようです


 
6)ライントランスの位置
   WE111Cを単独で使った方が良い場合もあります 
’WE111Cの使い方’を参照。
   トランスを複数組み合わせる場合にはウエスタンはアンプ側に置く。
   MCトランスを使う場合は必ず間にフォノイコを挟む。MCトランスと直結すると音が
   歪む場合があります。
   ライントランスはシステムによってその効果が変わります。